馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

秋GⅠ開幕!スプリンターズSもヤケッパチの穴狙いじゃ!

 さあ、いよいよ無観客開催のまま秋のGⅠシリーズが開幕です。とはいえ、次の東京開催からかなり少数ではあるものの指定席の販売をして客入れは再開するようなので、少しずつでも競馬場への入場が可能になってくるのはいいことですな。

 

 そんなこんなでスプリンターズSでございます。

f:id:chisounin:20201004082714p:plain

出典:netkeiba

 かねてから例年以上に時計がかかるかと思えば高速決着が出てきたりとかなり難しい今回際の中山の馬場ですが、なんと当日朝段階でまさかの降雨があり、ますます馬場読みが難しくなってきました。

 

 こうなってくると、ある程度消耗戦と割り切ってのウマ選びが必要になってくるでしょう。もちろん、人気サイドでの決着も十分にあり得ますが、ワタクシ、「俺プロ」の方で昨日のシリウスSをバカ当たりしておりまして、

f:id:chisounin:20201004083111p:plain

なおリアル馬券は買っていない模様。

既に週間トータルで大幅プラスが確定しているので、ここは思いっきり高配当を狙いに行ってみる所存でございます。なので、1番人気のグランアレグリアとトライアル番長のダノンスマッシュはスパッと外します。

 ※事前に星を打った「【最強】競馬ブログランキング」の方ではどちらも入れてますが…。

 

今回ピックアップしたいのは以下の馬たち。

 

レッドアンシェル

 前走北九州記念を勝利して復調気配。戦績的にも典型的な夏馬なので狙うならここ。渋い馬場でも土砂降りのCBC賞を勝っておりむしろ歓迎。M.デムーロ騎手の代打騎乗での一発も魅力。

 

モズスーパーフレア

 春のスプリントチャンピオンで昨年ここを2着。フランケルの血は今の中山の難しい馬場では心強く、客室的にも昨年同様に十分粘りこめそう。善創はレッドアンシェルの2着だが今回斤量1.5㎏減はかなり大きい。

 

ライトオンキュー

 北海道シリーズからの転戦。後ろからの競馬になりそうだが、前が坂で総崩れになるような展開になれば馬券圏内は十分ありそう。レッドアンシェルの通った道をついてくるようなイメージ。

 

エイティーンガール

 ライトオンキュー同様に北海道からの転戦組。グランアレグリアがC。ルメール騎乗になり浮いてしまった池添謙一騎手がこちらに回ってきたが、代打騎乗、GⅠでのワンポイント起用で抜群の成績を誇る機種のため無視はできない。

 

ミスターメロディ

 前走セントウルS3着で、去年のこのレース4着。渋った馬場で良績があり、インディチャンプの回避で高松宮記念を制した時の鞍上である福永祐一騎手に手が戻ったのも大きなプラス。

 

ビアンフェ

 3歳馬で、純粋な実力でいえばまだもう一つながら、「あらゆるコンディションをこなす」絆産駒はこういう馬場では怖い。2歳時に函館2歳Sを制しており、もったりした馬場でも十分勝負ができる1頭。

 

アウィルアウェイ

 ジャスタウェイ産駒も、その父であるハーツクライの産駒同様に降る馬になってから充実度が増すことがわかってきており、この馬もひと夏を超えて上昇気配。馬体増で出てくるならば要注目。

 

<買い目>

3連複軸1頭流し

⑬-②⑥⑦⑭⑯

3連複BOX

⑥⑦⑫⑬⑭