馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【一口馬主】アンデュレイトくん5/9新潟2Rに出走。ほか、POGはギルデッドミラーがNHKマイルCへ。

 シルクの追加募集で応募していたカレドニアレディの18は、やっぱり当たりませんでした。総申込数1580口で実績ボーダーが130万では届きようもなく。あと100万足りません。

 

 そんなこんなしているうちにもしこれがダメならと思って狙っていたノルマンディーのアステルカーラ(サニーヘイローの18)も満口になってしまったので、2018年産への出資はいよいよこれにて打ち止めとなります。再来月にはシルクもDMMも2019年産の募集馬が公開されるので、出資用の資金はそこまでとっておきます。あとは、4月から休職している会社の夏のボーナス、休職前の分だけでも何とかもらえないかなあ…。これで2019年産の予算が大分変わってくるので…。

 

◆アンデュレイトくん

5/9新潟2R 3歳未勝利 ダート1800m

7枠12番 斎藤新騎手

 

 水曜の想定段階ではフルゲート16頭に対して18頭の登録があったため、抽選対象になっていましたが無事に出走確定しました。前日夜段階で単勝二ケタ人気なのは全くの想定通りなので気にならないですね。鞍上は減量のある斎藤新騎手になるので、スタートから切風よく前に出していってくれればと思います。前走、藤井勘一郎騎手の機転で前に行かせたことで7着に入るまでの進境は見せてくれたので、今回も何とか奨励金圏内の8着以内を狙ってもらいつつ、あわよくば掲示板を狙ってほしいものです。

 

 管理する高柳大輔調教師からは、使ってよくなるタイプのようで帰厩後3戦目の今回の出来が一番いいというコメントが出ており、その言葉の通り追い切りの時計もここまでの自己ベストを出しています。栗東坂路良馬場で53.4-38.8-25.2-12.6というラップタイムなので、未勝利戦上位入着の水準にはあると思います。

 

 ここを使った後は一度放牧に出して、夏場にあと2~3戦を使うような形になると思いますが、まずはめどが立ってくれればと思います。もちろん、8月までに未勝利戦を勝ちあがってくれるのが理想ですが、仮にそれがかなわなくても地方競馬での十分にやれそうなのと、血統的に3歳秋以降の成長が見込まれる馬なので、その後の中央再転入を狙うこともできるでしょうから、ファンド解散にならないことを祈ります。

 

◆ポレンティアちゃんは6月復帰の見込み

 ノーザンファーム天栄で乗り込まれ、既に坂路ラスト1F13秒台まで時計を詰めているポレンティアちゃんですが、今週の帰厩はなくこのままもう少し天栄で乗り込んで6月の東京か函館での自己条件戦を目指すようです。ある程度出走が混み合わず、斤量的にも52キロないし53キロで出走できるレースが多くなるので、無理をさせずに一歩ずつやっていくにはいい選択だと思います。上手くいけば秋華賞に間に合うかな…ですが、ハンデが恵まれそうなターコイズSあたりを今年の最大目標にしてみてもいいかもしれませんね。

 

◆POG指名馬出走予定

5/10東京10R NHKマイルカップ

3枠6番 ギルデッドミラー・福永祐一騎手

 

 前走アーリントンC2着で優先出走権を獲得、鞍上が現在非常に好調な福永祐一騎手にかわっての勝負の一戦。相手に強いところは多いですが、きっちり最後に足が使えるし、コースも大箱に変わる点もプラスに変わるのではないでしょうか。何度か書いている通り、オルフェーヴル産駒にはハーツクライ産駒に近い傾向を感じており、その点でも東京替わりは歓迎です。完成度の点で3歳春はもう一つかもしれませんが、期待しています。