馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】1歳ボーイズたちの11月近況。

各場順調に乗り込みを開始している

1歳馬軍団、シルクの月一更新も

ありましたので、振り返ります。

 

◆サダムグランジュテの18

 (父:ヘニーヒューズ)

馬体重:478㎏(前月比+10㎏)

坂路17~18秒×2本を週3回こなせる

ところまで進行。引き続きトモ高。

まだまだ非力な面があるとのこと。

捌きは硬そうということなので、

見込んだ通りダート戦線で戦う

事になりそうです。負荷をかけても

操縦性が高いというのが美点ですね。

 

◆グレイシアブルーの18 

 (父:トーセンジョーダン)

馬体重:430㎏(前月比+8㎏)

ハロン19秒台の坂路調教を開始。

しっかり登坂できているとのこと。

体調的にはやや落ち気味らしく、

じっくりと進めていくようです。

この中間のトピックスは何と

いっても半兄メールドグラースの

豪GⅠコーフィールドC制覇でしょう。

本馬も、兄のようにタフな馬に

育ってほしいものです。

 

◆ビジュートウショウの18

 (父:ディープブリランテ)

馬体重:467㎏(前月比-1㎏)

ハロン16~17秒の坂路に加え、

トラックコースで基礎体力を

強化中のようです。3頭の中では

一番登坂タイムが速いですが、

いまだに非力であるとのコメント。

期待値自体が高そうな感じなので、

引き続きキッチリと乗り込んで

行ってもらえればと思います。

気性的に神経質そうなところは

少しずつ改善に向かっているようで、

前進気勢とのバランスがしっかりと

取れてくれればと思います。

 

◆キストゥヘヴンの18

 (父:ロードカナロア)

馬体重:421㎏(9月20日現在)

吉澤ステーブルで既に坂路調教を

開始しています。タイムは公開

されていませんが、動画を見た感じ

ハロン19~20秒くらいでしょうか。

ふらつかずしっかりと登坂できて

いるみたいなので、引き続き

しっかり乗り込まれればと思います。

 

 

なお、4頭ともすでに馬名募集への

応募は完了させており、いずれも

先行・決定は年明け以降になると

思いますが、楽しみにしています。

 

そろそろ5頭目に、ガールをお迎え

したいなぁなどと思う今日この頃。

兄のタイセイビジョンが京王杯

2歳Sを勝ったので、DMMで募集中の

ソムニアの18あたりがいいかなあ…。

>