馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】フロイデンベルクさんデビュー戦・おさしん多数。

スターズプレミアくんデビュー戦の

翌日、フロイデンベルクさんも

中山5Rの新馬戦でデビューしました。

 

前週の新潟新馬戦を非抽選になり

ここに回ってきたフロイデンベルクさん。

 

出走馬体重はメンバー最重量の

528㎏でしたが、

f:id:chisounin:20190910212346j:plain

でてくるなりデカイ。

圧倒的なわがままボディーの

フロイデンベルクさん。

 

このときは写真を撮ることに夢中だったので

あまりしっかりとは見ていませんでしたが、

改めて写真で見直してみると、まだ所々

緩い部分の残った馬体でしたね。

 

f:id:chisounin:20190910212610j:plain

石橋脩騎手を背に本馬場に登場しても、変に

テンションが上がることなく落ち着いて

いたのはとてもよかったと思います。

欲を言えばもう少し前進気勢を出しても

いいのかもしれませんが、この辺は

紙一重なので、現状悪くないというだけでも

十分なのではないでしょうか。

f:id:chisounin:20190910212737j:plain

そして、こちらが本日のベストショット。

馬も自転車もバイクも、おおよそ

またがって乗るものはこのアングルから

眺めるのが個人的には一番のお気に入りです。

 

レースは、ゲート内でほかの馬が落ち着かずに

長い時間待たされた後、横を向いた瞬間に

ゲートが開いてしまいおよそ5馬身ほどの

大出遅れ。ほぼこの時点で終わってしまいました。

 

道中後方2番手から3コーナーにかけての

下りを利用して馬群に取りつくも

後手を踏んだ分大外を回されて直線へ。

 

手塚調教師もコメントしていましたが、

この時点ではワタクシも2桁着順の

惨敗もあり得るかなと思ったのですが、

直線しっかりと伸びて最終的には

6着でフィニッシュ。

 

f:id:chisounin:20190910213453j:plain

勝ったシャインガーネットと一緒に

戻ってきたフロイデンベルクさん。

シャインガーネットの目つきが

いかにも「オルフェーヴル産駒」ですな(笑)。

 

f:id:chisounin:20190910213603j:plain

今や馬也ホースレーシングの主戦、

石橋脩騎手も「やっちまった」という

表情で引き揚げてきましたが、

後手に回らざるを得ない中最大限の

騎乗をしてくれたと思います。

 

ゲートでの出遅れがおよそ0.7~0.8秒、

大外を回された分のロスが映像上の

目測で0.4秒ほどで、レースを通じて

1秒超のロスをしてしまったと思います。

 

勝ち馬との差が0.8秒なので、勝ち馬

自身のロスが0.6秒以内までであれば、

実質着差(©吉富隆安氏)上は

勝てていたレースです。

 

能力的には十分めどが立ったと

いえるでしょう。あとは、

偶然とはいえやってしまった

出遅れがクセにならないと

いいのですが…。

 

この後は、両前脚にソエも出ている

ことから、治療と立て直しのため

一旦ノーザンファーム天栄に

放牧に出るようです。

 

年末の中山開催くらいに戻って

これるといいなと思います。

十分勝ち上がりのめどは立ったと

思うので、無理せずに進めて

ほしいものです。

 

最後に、何枚か写真を連投します。

出資者の方もそうでない方も、

ぜひお持ち帰りください(転載はNGにて)。

f:id:chisounin:20190910213814j:plain

f:id:chisounin:20190910214535j:plain

f:id:chisounin:20190910214550j:plain

f:id:chisounin:20190910214603j:plain

 

↓↓撮影に使用したカメラはこちら↓↓

 

 

>