馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】キービジュアルくん、骨折明け復帰戦をかく戦えり。

骨折明け5か月ぶりのレースなので、

無事に回ってくればそれで合格の

一戦ながら過去2走を上回る4着。

上々以上の結果だと思います。

 

とはいえとはいえ、8月の未勝利戦

終了までに勝ち上がらないことには

先の競走生活も望めないので、

ここからどうやって勝ち上がって

いくかレースの反省点を探しながら

検討していこうと思います。

 

まずスタート。

f:id:chisounin:20190319220309p:plain

あまりきれいには出ていませんが、

まあ及第点だと思います。

 

ただいかんせん、ズブいことズブいこと。

あまり行き足がつかず、出ムチを

入れられる始末。

f:id:chisounin:20190319220414p:plain

これ、最後の直線じゃないです。念のため。

 

そのまま4番手で1コーナーを回り

f:id:chisounin:20190319220515p:plain

 

f:id:chisounin:20190319220602p:plain

向こう正面では前を走る馬のキックバックを

嫌がって頭をあげるしぐさを見せていました。

過去2戦でも同様の挙動を示していたので、

やはり何としても先頭を取りきらないと

ダメなのかもしれません。そういう意味で、

今回の最内枠は運もありませんでした。

f:id:chisounin:20190319220535p:plain

3コーナーでも包まれる形で

馬群をうまくさばくことができず、

f:id:chisounin:20190319220802p:plain

ようやく動き出せたのは

外にいた馬が上がっていってから。

(結果、その上がっていった馬が優勝)

f:id:chisounin:20190319220947p:plain

 直線向いてこの差では

如何ともしがたく万事休す。

f:id:chisounin:20190319221022p:plain

 何とか一頭かわして勝ち馬から

1.8秒差の4着。前2走がともに

5着で、勝ち馬から2秒以上

離されていたことから比べると、

骨折明けながら大した進歩です。

 

競馬の1回使って、変わり身

あれば次走はさらに上位を

狙えるのではないかと。

 

とにかく、勝ち上がるために必要なのは

出ムチを入れても

先頭を取りきること

この一点に尽きるでしょう。

 

ブリンカーについては、つけたほうが

いいのかなと思っていましたが、

シュタルケ騎手、庄野調教師

それぞれから後ろから馬が来ると

闘志を燃やすというコメントがあり、

その点から見たら無い方が

いいのかもしれません。

ただ、キックバック対策でメンコは

あった方がいいと思いました。

 

次走は脚元の状況次第ですが、

優先出走が発生しているので、

中2~3週くらいで使ってほしいですね。

 

物見をするタイプなので同じコースの

 

4/6 阪神3Rもしくは5R(ともにダ1800m)

 

あるいは、芝の長めの距離で

ワークフォース産駒も好走傾向のある

 

4/6 福島7R(芝2600m)

 

このあたりがいいのではないかなと思います。

 

ともあれ、キービジュアルくん、

無事に帰ってきてくれてありがとう!

>