馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】キービジュアルくん4戦目は7着。何かしら変革が必要。

前走過去最高着順からの続戦となった

4戦目は、打って変わって過去最低の7着。

課題ははっきりしてきたもの

ハードルは険しそうですね。

 

3/30阪神1R未勝利戦に出走の

キービジュアルくん。

 

まずはスタート。

f:id:chisounin:20190402220948p:plain

やはり今回も立ち遅れていますね…。

f:id:chisounin:20190402221020p:plain

1コーナーでは中団を進みますが、モロに

キックバックを受ける位置取りに…。

この時点でかなり雲行きが怪しいですね…。

f:id:chisounin:20190402221133p:plain

3コーナー手前では包まれる形で6~7番手。

f:id:chisounin:20190402221226p:plain

藤井勘一郎騎手はこうと残り800mくらいから

上がっていこうとしていたようですが、

集中力を欠いて進んでいかなかったとの事。

ノーザンファームしがらき入厩時に

厩舎長から指摘されていた前進気勢のなさが

ここまであまり改善されていないようです。

f:id:chisounin:20190402221400p:plain

4コーナーでは1・2着馬からすでに

大きく離されての9番手、最終的な

着順が7着なので、下がってきた馬を

2頭ほどかわしたことになりますが、

庄野調教師が言う通り、この条件では

もはや期待ができないでしょう。

やはり、馬具やコース条件を変えて

いかないとというコメントも出ていました。

f:id:chisounin:20190402221626p:plain

ゴール前ではここまで離されてしまいました。

 

そして大変気がかりなのが、ここまでの4戦

 新馬戦:3番人気5着

 2戦目:3番人気5着 ※レース後骨折発覚

 3戦目:3番人気4着

 4戦目:5番人気7着

一度も人気以上の着順に来たことが

無いんです。恐らく、稽古での動きと

競馬での動きに悪い意味で乖離が

あるのでしょう。追い切りの時計を

見る限り、フィジカルではなく

問題があるのは「性根」の部分。

 

藤井勘一郎騎手のレース後コメントで、

ブリンカー着用を進める声がありました。

2戦目に騎乗したモレイラ騎手に続いて

これが2度目です。

 

前走後のシュタルケ騎手のコメントでは、

後ろから迫られると頑張るという声が

ありましたが、ブリンカーをつけた場合

後方視界もさえぎられるのでは…

と思っていたのですが、

 

大阪杯を勝ったアルアインが後方に

スリットの開いたブリンカーをつけていました。

いわゆる「ヴァイザー」というやつですね。

 

念願の中央GI勝利を手にした北村友一騎手(c)netkeiba.com

(出典:netkeiba.com)

 

あれをキービジュアルくんも

つけてみるのはどうでしょうか。

 

もう未勝利戦終了まで走れるのは

せいぜい2~3戦くらいになると

思うので、試すべきものはどんどん

試すべきだと思います。

 

また、ダートもあきらめて芝の

中長距離を試してみるのも

いいのではないでしょうか。

 

デビュー戦後に松山騎手が、

芝の部分でスピードに乗らなかったと

言っていましたが、その後3戦の

スタートを見ると、コースよりも

馬の性格が原因のように見えるので、

そこは馬具で矯正しつつで、

いいと思います。

 

ちなみにワークフォース産駒は、

ローカル場のそば2600mでは非常に

成績がいいです。

 

1か月半くらい休ませて、腹を据えて

北海道滞在を敢行して勝ち上がりに

賭けるのがいいように思います。

洋芝の方がまだ合いそうな

気もするので…。

 

ともあれ、今回も無事に回って

きてくれたのはもちろん良かった

ですし、キービジュアルくんには

お疲れさまとう言葉しかないのですが、

 

このままではキミの競走生活は

もうすぐ終わってしまうのだよ。

もうちょっと、頑張ろうか。

>