馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【一口馬主】京成杯タイムトゥヘヴンくん2着!クラシックが見えたぜ。 ほか

 2021年初出走となったスターズプレミアくん、ポレンティアちゃん、タイムトゥヘヴンくんいずれも1着とはなりませんでしたが、タイムトゥヘヴンくんは重賞2着で収得賞金を加算、クラシックへの参戦がだいぶ現実味を帯びてきました!

 

◆スターズプレミアくん

 半年ぶりの出走で、馬体改造の効果を思わせる16キロ増で出てきたのでかなり期待していたのですが、結果としては見せ場を作れずに12着…。

 

 スタートは相変わらず素晴らしく、今回もロケットスタートを決めてくれたのですが、そのあとの二の脚が案外だったのと、川田騎手曰く直線に向いた時点ですでにきつそうになっていたということで、もしかしたら馬体が重かったのかもしれません…。

 

 調教で行き過ぎてしまうので負荷がかけられない、と言われていたので仕上げ自体が100%ではなかったのでしょう。レース後池江泰寿調教師からは(おそらくは馬体が絞りやすいという意味で)暖かくなってから…というコメントがありましたが、使えるならばもう一戦ぐらいは使ってほしいものです。

 

 現厩舎で数が使えなくて、行った行ったでしか競馬ができなさそうなのであれば、一度地方転厩でそこで3勝して中央再転入…というのもアリだと思うのですがどうなんでしょう。同じクラブのオグリクロノスが走ってる東海公営あたりなら全然通用すると思うのですが…。

 

◆ポレンティアちゃん

 大外枠からの発走なのと、スタート直後にとなりの馬にぶつけられてしまったのもあって終始後手に回ってしまい、最後は進路も空かず脚を余しての敗戦となってしまいました。が、それでも5着掲示板を確保してくれたのは立派です。

 

 レース後はすぐに息が入ったとのことで、やはり出し切っていない、不完全燃焼な競馬だったのでしょう。優先出走権も獲得したので馬体に問題なければ続戦、ということなので、中2週で2/6の東京芝1600m戦あたりに向かってくれたらいいなと思います。すでに馬代金回収は完了しているので、のびのびと走ってくれればいいかなとも思ってます。

 

◆タイムトゥヘヴンくん

 見事に2着に入って収得賞金を加算。クラシック参戦への目処を立ててくれました!

 

 懸念されていたスタートですが、今回はびしっと決めてくれて先団争いに加わってくれました。

f:id:chisounin:20210118184423p:plain

 その後2~3番手につけられれば良かったのですが、M.デムーロ騎手のコメントにもあったように「ほかに来てくれる馬がいなかった」状態となったため押し出されるように先頭に。前に馬を置かない状態になったからなのか、ここでレース中ではほぼ初めてといっていいくらい口向きの悪さを見せてしまいました。

f:id:chisounin:20210118184754p:plain

 パトロールビデオを見るとより分かりやすいのですが、常に外に向かって逃避するような口向きで、道中内ラチ沿いをキープするのも大変そうでした。「馬場のいいところを狙って」最後の直線では外に出す選択をM.デムーロ騎手はしたわけですが、そこには口向きの悪さも少なからず関与していたのではないでしょうか。戸田博文調教師は「内ラチ沿いを前走と同じタイムで走っていれば勝っていた」とコメントをしており、しかしながら騎手がその選択をできなかったのはやはりこの馬の乗り難しさが出てしまったのだと思います。

 

 このあと、空けた内ラチ沿いをすくうように進出して、コーナーワークで一気に先頭に立ったグラティアスに抜け出されてしまい、坂のあたりからもう一度伸び返すものの2着までとなってしまいました。課題こそいろいろと出たものの、能力の高さはしっかり示してくれたレースだったのではないかと思います。

 

 今回の2着でタイムトゥヘヴンくんの収得賞金は【1150万円】となり、クラシックへの出走も何とかボーダーライン上には入ることができました。出走当確となるにはもう一つ上乗せが必要になりますが、このまま皐月賞に直行するのか、それともその前にトライアルを使うのかはこの後のダメージチェック次第のようです。

 

 ただ、戸田調教師は「ただクラシックに出るのではなく勝ちたい」と言ってくれており、やはりキストゥヘヴンの仔ということで思い入れもひとしおなようなので、間違いなくベストな判断を下してくれるでしょう。次走報を楽しみにしたいと思います。