馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】ステリーナちゃん、キービジュアルくんともに5戦目の出走(ステリーナちゃん編)

5/18の新潟2Rにステリーナちゃんが、

京都2Rにキービジュアルくんがそれぞれ

キャリア5戦目の出走。軍団初の

同日出走となりました。

 

◆ステリーナちゃん、今回も7着。

まずは新潟2Rに出走したステリーナちゃん。

野中悠太郎騎手を背に、前走と同じく

7着となりました。

 

以下、キャプチャー画像でレースの模様を

振り返っていきます。

 

f:id:chisounin:20190521221930p:plain

スタート、今回もイマイチでした…。

f:id:chisounin:20190521222000p:plain

1コーナー手前でだいぶおいてかれています。

新潟のダート1800mはスタート1コーナーまでの直線が

約400mほどあり、中山よりも長いのですが、

中山でのレースよりもおいてかれています。

 

これ、単にスピードの問題ではなくダートコース

そのものが合わないのではないでしょうか。

 

f:id:chisounin:20190521222201p:plain

3コーナー手前から徐々に進出開始するも…

f:id:chisounin:20190521222228p:plain

コーナーでは大きく外に振られて再び後方から2頭目に。

今回のレースでわかりましたが、ステリーナちゃん、

右回り左回り問わずコーナリングがかなりうまくありません。

大跳びな馬なので小回りコースが向かないことは

当初からわかっていたことで、今回騎乗した野中騎手も

はっきりとその旨コメントを残していますが、

管理している大和田調教師は、ここに至るまで全く

気がつかなかったのでしょうか?と思いたくなる

なるようなコメントが出されていました…。

 

最終的にはここから追い上げて7着まで

来るのですから、決して脚がないわけでは

ないので、もっと適切なコース選びを

してほしいものです。

 

コーナーの緩いコースというといの一番に

思い浮かぶのが東京競馬場ですが、

3歳未勝利戦施行期間中の開催は6月23日まで。

この後続戦させるかどうかは5/21時点では

不明ですが、すでに3戦続戦しているので、

一度天栄に戻される可能性が濃厚。

そうすると、もう後は小回りのコースしか

残っておらず…。

 

間隔をあけて優先発生させて8月に

賭けるとしたら、

 

新潟芝の外回りコース

もしくは、

コーナーのアールが比較的緩い札幌芝コース

 

いずれかがいいような気がします。

とにかく、一度芝の長距離で使ってみて、

勝ちあがれなかったとしても出資者として

納得のできる使い方をしてほしいものです。

 

もちろん、その上で勝ちあがってくれれば

いうことはありません。

 

だいぶ長くなりそうなので、キービジュアルくんの

レース振り返りは次回に回します。

>