馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【GⅠ】高松宮記念見解・中山1200との「出し入れ」を考える。

昨年のスプリントGⅠ春秋連覇を

達成したファインニードルが引退

したことにより混戦模様の今回。

 

どの馬が勝ってもおかしくない

レースという状況から、より

頂点に近い馬を捜し出すための

作業としては、オーソドックスながら

 

・一番人気の取捨

・ベンチマークとなる

 レースとの「出し入れ」

 

この2点が最重要と言えるでしょう。

 

◆ダノンスマッシュは「買い」か「切り」か

現在の予想オッズでも一番人気に

押されているダノンスマッシュ。

恐らく、このまま実際にも一番人気と

なるでしょう。

 

この馬の取捨選択をどうするか。

 

先週、スプリングSの振り返りで触れた

「ロードカナロア産駒の

ドライバビリティ」

 

chisou-horse.hatenablog.jp

 

 

この観点から過去のレースを

振り返る限りは、問題なさそう。

 

負けたレースも、この馬にとっては

やや長いマイル戦、明らかな不利を

受けたレースがほとんどです。

 

左回りでは2戦して2回とも負けていますが、

 

ファルコンS⇒出遅れと直線向いてしばらく

      包まれたのが敗因。コーナー

      ワークが原因ではない。

NHKマイルC⇒そもそも長いマイル戦。

       1200までの競馬は完璧。

 

特に不得意ということはなさそうです。

これらの点から、極端に内や外の枠を

引かない限りは「買い」と見ていいでしょう。

 

◆中京1200は、タフなサバイバルコース

中京競馬場は、改修後に直線に

高低差約2mの坂が作られ、一見して

スプリンターズSの行われる中山

1200mのコースに近しいように

感じられますが、両者の違いは

まず第一に坂を上りきってから

ゴールまでの距離。

 

中山競馬場がおよそ70mほどであるのに

たいして、中京競馬場はおよそ200m。

 

また、中山の1200mはスタートから

直線坂下までずっと下ってその勢いで

坂をやっつけたらすぐにゴール。

ゆえに、いわゆる「快速馬」の

好走が目立つコース。今回のメンバーで

いえば、ここまで中山1200で連勝して

きたモズスーパーフレアが典型的な例。

 

たいして、中京競馬場はスタート直後は

登りで。3コーナーから下り始めて

直線向いてすぐに坂、上りきってから

ゴールまでさらに200mあり、勢い

だけでは乗り切れない舞台。

なので、逃げ切りが少ないのです。

 →なので、モズスーパーフレアは

  今回は「消し」でいいかと。 

 

こういったコースでは、お互いの体力を

削り合うサバイバルレースに強い馬が

有利と言えそうで、たとえばダート

短距離で、下級条件ならば勝利の実績、

ダート未勝利でも重賞戦線で馬券に

絡んだ経験のあるような馬がいれば

積極的に狙ってみたいところ。

 

今回の出走メンバーでは、

 

・スノードラゴン

 →交流重賞で複数回馬券圏内。

  2014年同レース2着。

・セイウンコウセイ

 →ダートで未勝利勝ち上がり。

  一昨年の同レース覇者。

・ナックビーナス

 →ダートで未勝利勝ち上がり。

  昨年同レース3着。

・ヒルノデイバロー

 →キャリア6勝すべてダート。

  芝は未勝利なので、これは

  さすがに極端すぎ。

・ミスターメロディ―

 →デビューから4戦ダートで2勝。

  当地ファルコンS優勝。

・レッツゴードンキ

 →ダートはGⅠのみ3戦走って

  いずれも掲示板。

  昨年同レース2着。

 

6頭がこれに該当。しかも上位人気馬を

多く含んでいる状況。大穴候補の

実績馬もおり、これらの馬を相手に

馬券を組み立ててもよさそう。

 

一方、ダノンスマッシュが

こういったタフなレースに

向くかどうか。

 

スタミナとは似て非なる

ファクターなので、血統面

からのアプローチを試みてみますが、

 

母父にダートに好成績が集中

しているハードスパンがおり、

母系をさかのぼっていくと

ロベルトのクロスが発生。春先の

力がいる馬場には向いていると

言えそうです。

 

この点からも、ダノンスマッシュは

連軸であれば十分に最適でしょう。

 

買い目については枠順確定後の

検討になりますが、三連勝式で

ダノンスマッシュを軸に、

ヒルノデイバローを除く相手5頭に

流し(買い目を絞るならスノードラゴンも

外して)、穴を狙うならば

ダノンスマッシュを外した相手のみ

BOXがよさそうです。

 

 

>