馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

ヌルッとすり抜けたオークスの言い訳

 最悪の抜け方まで想像して、その穴埋めもしっかり行った買い目で挑んだオークスですが、さらにヌルッとすり抜けていってしまいました。見解自体はそこまでずれていなかっただけに何とも悔しい結果です。

 

news.netkeiba.com

 レースは、デアリングタクトの強さが際立つ結果になりましたね。4コーナーで詰まって、直線でも選んだ進路がことごとくふさがれる中、何度も切り替えて最終的にはしっかりと抜け出しての勝利となりました。2009年にウオッカが勝った安田記念を彷彿させるような最後の直線でした。馬の精神力で勝ったような内容で、少なくとも3歳クラシックの間、同世代の牝馬同士の戦いでは調整を大きく失敗しない限り力負けをすることはないのではないでしょうか。無事に進められれば、史上初の無敗の三冠牝馬誕生の可能性も大いにあると思います。ただ願わくば、我が出資馬ポレンティアちゃんが夏の上がり馬になって秋華賞に駒を進め、その偉業を阻止して欲しいという妄想もあります。

 

 さて、ワタクシの予想の答え合わせと言い訳ですが、

 

chisou-horse.hatenablog.jp

  まず、デゼルを切ったのはその理由も含めてキッチリ当たりましたね。やはり経験を含む臨戦過程など、足りない部分が多かったと思います。

 2・3着に入ったウインの2頭も、特に3着のウインマイティーは大穴大爆弾として指名、こちらも見込み通りの粘りを見せてくれました。ゴールドシップらしからぬ操縦性の良さを見せているので、今後も安定して好成績を残してくれそうですね。

 もう一頭の大穴大爆弾指名馬マジックキャッスルも最後よく伸びて5着。やはり、相手なりに走るタイプの馬なのでしょう。この辺の見立てもしっかりと当たっていましたね。

 

 ただ、ウインマリリンとウインマイティー、それぞれ別の視点でのピックアップだったためこの2頭が同時に絡む買い目はもっておらず。まさにこの記事のタイトルの通り的中はヌルッとすり抜けていってしまいました…。理屈事態で間違えたわけではないだけに、なおのこと悔いが残ります…。

 

◆POG指名馬出走結果

 クロスキー・クレパロ・アイガーテソーロの3頭が出走しましたがいずれも着外でした。来週はいよいよ今シーズン最終週。サトノフラッグがダービーに出ます。最後の最後で終わり良ければ総て良しとなってほしいものです。

 

<POG2019ここまでの成績>
(丸囲み数字は着順)

アブソルティスモ   ②❶③❶④⑪④
ロジアイリッシュ   ②④⑦⑫③③❶
コパノリッチマン   ⑮⑧⑮(抹消)
ウインドジャマー   ⑤②②⑩③④⑪③
ギルデッドミラー   ❶③⑥②❶②③
エレガントチャーム  ⑤❶⑤
クレパト       ⑦②❶⑮⑧➈⑧
クロスキー      ⑥⑭⑧
スターズプレミア   ②④④➈③⑧
フロイデンベルク   ⑥(抹消)
アドマイヤメジャー  ➈③②②⑪
サトノフラッグ    ⑥❶❶❶⑤
マテンロウディーバ  ❶③⑩⑤
ジャルジェ      ⑤❶⑦
アイガーテソーロ   ⑫⑭⑩