馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【GⅠ】大阪杯見解・ガッサーとした馬場でズビビーッと伸びる馬が買いですねん。

当ブログ開設以来500本目の記事です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今年の大阪杯は非常に良いメンバーのそろった

GⅠにふさわしい顔ぶれとなりました。

 

今回の大阪杯、

f:id:chisounin:20190329212609p:plain

連続開催の後半となり、路盤・芝生ともに脆く

毛羽だったような、擬音で表すならば

「ガッサー」とした馬場が出現しそうな

この週末。取捨のポイントは、

 

 ・連続開催後半(連続12日目以降)に

  行われるGⅠでの実績有無

 ・ディープインパクト産駒の取捨

 

この2つから争覇候補を探ります。

 

◆で、ベストオブガッサーホースは誰やねん?

今回の馬場と似たような傾向にありそうな

「連続開催の後半(概して12日目以降)に

 施行されたGⅠで連対実績がある」馬は、

内枠から順に

 

・マカヒキ

 →2016年皐月賞2着・ダービー優勝

・ワグネリアン

 →2018年ダービー優勝

・アルアイン

 →2017年皐月賞優勝

・エポカドーロ

 →2018年皐月賞優勝

・キセキ

 →2018年ジャパンカップ2着

・ブラストワンピース

 →2018年有馬記念優勝

・ペルシアンナイト

 →2017年マイルCS優勝

  2018年大阪杯2着

  2018年マイルCS2着

・サングレーザー

 →2017年マイルCS2着

  2018年天皇賞・秋2着

・ステルヴィオ

 →2018年マイルCS優勝

 

何と14頭中9頭が該当…。

 

…あれ?このレース、

クッソレベル高くね??

 

どれでも買えるし、どれを買っても

確信が持てない…。なんてこった。

 

◆血ィでふるいにかけまっせ。

仕方がないので、血統からもう少し

取捨絞り込みをしたいと思います。

 

まず、最大勢力にしてこの手の

馬場で個体差の大きい

ディープインパクト産駒。

 

この春、母系にヴァイスリージェント

持ちの活躍が顕著である傾向がここでも

現れると仮定すれば、これに該当するのは

 

マカヒキ

サングレーザー

 

昨年の札幌記念ワンツーコンビ。

このとき3着で先日引退した

モズカッチャンが「ハービンジャー産駒」。

 

今回の出走メンバーで

ハービンジャー産駒は、

 

ブラストワンピース

ペルシアンナイト

 

ここまででだいぶ「それっぽい」

馬が浮かび上がってきましたね。

 

ここにもう1頭加えるとすれば、

ほぼ間違いなくハナを切るであろう、

昨年秋のレースぶりを見る限り

レースコントロールセンスも抜群で、

1コーナーまで距離のあるこの

コースならハイペース気味にも

ならなさそうなキセキを加えての

5頭BOXでどうでしょうか。

 

3連単ですと、3/29 22時ごろ現在で

60通りのうち一番オッズが低いのが

7→6→11の組み合わせで147.9倍、

一番高めのところで

1→8→11の3625.8倍。

 

だいぶいいとこじゃなかろうかと。

 

ワイドBOXでも、5.3~44.7倍。

ガミるリスクもはらみますが、

そこそこ悪くない配当になりそうです。

 

予想印は「【最強】競馬ブログランキング」

ブロガー予想コーナーとnetkeiba俺プロ

予想ページでも公開中です。


f:id:chisounin:20180603191539p:plain

>