馳走人の競馬備忘録

チソウスケールで目指せ回収率100%超。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログへ

↑↑↑ランキング参加中。クリックして下さると馳走人が喜びます。↑↑↑

平成最後の東京優駿傾向分析

よくよく考えたら、NHKマイルカップ以降の

GⅠは全部「平成最後」なんですよねぇ。

そんな平成最後の東京優駿は大混戦の予感。

 

過去5年間の結果は以下の通り。

東京優駿|2017年05月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com

東京優駿|2016年05月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com

東京優駿|2015年05月31日 | 競馬データベース - netkeiba.com

東京優駿|2014年06月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com

東京優駿|2013年05月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

基本的には、ここまで1年間にわたる優勝選抜を

勝ち抜いてきた馬たちによる競走なので、人気≒実力の傾向。

 

臨戦過程的にはやはり皐月賞組が優勢。近年、

京都新聞杯組の活躍も散見されますが、

レースレベルの比較をしっかりして取捨選択の

必要があります。

 

今年の有力馬として挙げたいのは、まず皐月賞組から。

故・清水成駿先生の教え「皐月賞のゴール後、

一番遠くまで走った馬がダービー馬だ!」の

教えに従うならば、上がり最速で5着に飛び込んだ

キタノコマンドール

前から積極的な競馬をして、あわやの3着だった

ジェネラーレウーノ

この2頭を指名します。

 

キタノコマンドールの脚質・血統はもしも良馬場

施行であれば外差し天国になるであろう府中の2400mは

まさにおあつらえ向きの舞台。

ジェネラーレウーノの血統も、荒れ気味の馬場では

有利なことは皐月賞でも証明済みでしょう。

 

皐月賞勝ち馬のエポカドーロは、前走がメイチの

仕上げだったという調教師のコメントを考慮すると、

勝ち負けは難しそう。ただし、3着までなら十分に

ありえそうなので、相手にはしっかりと加えます。

別路線組からは、皐月賞を無念の回避となった

ダノンプレミアムと、毎日杯からここに目標を定めて

直行してきたブラストワンピース

 

ダノンプレミアムについては、皐月賞を使わなかったことが

対照的には間違いなく奏功するでしょう。ただし、実戦感覚を

明けたことで足元をすくわれ…というパターンも考えられるので、

連勝単式の1着固定はちょっと怖そう。イメージとしては96年の

ダンスインザダークのようなイメージです。

  →だとすると、フサイチコンコルド役はキタノコマンドール??

 

ブラストワンピースについては、ここを目標に外厩で

しっかり乗り込んできている中間が好印象。また、

血統的にもハービンジャー産駒なので現在の府中の

馬場には十分プラスに働くのではないかと。

年初の3日連続重賞制覇、牝馬2冠達成と、社台軍団の中でも

ことしはシルクの「アガり番」なのではないかなんてことも

ついつい考えてしまいます。

 

大穴候補はタイムフライヤー

近走さっぱりですがやはりGⅠ馬。ハーツクライの血も

この舞台には向きそうなので、10番人気以下ならば

ヒモに加えておきたい一頭です。

 

 

5/23現在、オブセッション号が喉鳴り手術の

合併症による大腸炎を発症して、生命の危機にあるとのこと。

早期回復を祈ります。