馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

宝塚記念と週末振り返り・上半期ラストとしては上々の結果でした。

複勝せこせこ作戦も宝塚記念も

首尾よく進んだので日曜東京最終で

トータルプラスを狙いましたが

ダメでした。

 

f:id:chisounin:20190623165756p:plain

宝塚記念、無理に配当ジャンプアップを

狙わず、ワイドの金額を増やすかあるいは

ワイド一点で勝負してもよかったかもですね。

 

ただ、見解もほとんどズレずでの的中で

上半期を締めくくれたのは良かったと思います。

  ↓事前の見解記事は以下の通り。

chisou-horse.hatenablog.jp

 ただ、リスグラシューは思っていたよりも

はるかに強くなっていましたね。

news.netkeiba.com

 

矢作芳人調教師は、秋は海外と記者会見で

言っていたようですが、招待を受けている

コックスプレートなのか、それとも

ブリーダーズカップなのか。

 

クラブ馬なので招待で遠征費用の

掛からない前者の可能性が高そうですが、

今日のレースができるのであれば、

直線の短いムーニーバレー競馬場でも

大丈夫でしょう。

 

オーストラリアなので、今日騎乗した

ダミアン・レーン騎手も騎乗可能でしょうしね。

 

2着のキセキもとても強いレース運びを

しましたし、文句のつけようのない

内容でしたが、もしかしたらこの馬、

ただただ目標にされやすい馬

なのかもしれません。

 

昨年のジャパンカップのアーモンドアイも

今回と似たようなケースだと思いますが、

前に立つと番手の馬が異常に走りやすく

なるような、そんな感じがします。

 

プラン通りに凱旋門賞へ行くならば、

前を引っ張ってロジャーバローズを

番手につけさせたら、チーム日本として

面白いことになりそうな気がします。

オーナーもかつての上司と部下で

つながりが強いようなので、

ぜひやってほしいなあ。

 

POG指名馬は、ロジアイリッシュが

未勝利戦に出走しましたが、直線で

伸びを欠いて4着。ハーツクライの

若駒あるあるで、まだまだ後肢の

発達が追い付いていないような

レースでした。ひと夏越しての成長は

確実にあると思うので、十分

勝ち上がりは期待できると思います。

 

<POG2019ここまでの成績>
(丸囲み数字は着順)

アブソルティスモ  ②
ロジアイリッシュ  ②④
コパノリッチマン  ⑮
ウインドジャマー  ⑤

>