馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【一口馬主】ロコポルティくんまずまずの5着。そして今週はタイムトゥヘヴンくんのセントライト記念

 9/12の中京4Rに出走したロコポルティくんは、何とか掲示板確保で賞金も運んできてくれました。とりあえず、中京競馬場で完走できたのは一歩前進でしょう。

 

 6月以来の実戦となったロコポルティくんですが、スタートを五分に出ると、内から先手を主張する馬を行かせて4番手で折り合い、4コーナーから徐々に進出を図ったものの伸び脚はジリジリとしており、最後に一頭かわされての5着入線となりました。

 

 レース後のコメントでは、和田竜二騎手からは「道中集中して走れていなかったので、ブリンカーなどを試してもいいかもしれない」、西園正都調教師からは「フワフワしていたのは気の悪さよりも久々でレース勘が戻っていなかったから」と、やや方向性の異なるコメントが出ています。

 

 この後はいったん様子を見て、問題なければ優先出走権を使いつつの続戦を考えているようです。まずは、久々を叩いてピリッとしたらどうか、というところを試していくようです。それでも集中を欠くようであれば、馬具での矯正を検討するのではないでしょうか。

 

 今のところはコンスタントに賞金を運んできてくれていて、健康に走ってくれているのでワタクシ的には比較的満足度が高いです。この調子で少しでも上を狙っていってほしいところです。

 

 そして、今週末JRAアニバーサリーの3日間開催最終日のメイン競走、セントライト記念に現在の我が軍団のエース、タイムトゥヘヴンくんがダービー以来3か月半ぶりに出走します。

 

 夏休みを北海道で過ごし、しっかり乗り込まれて馬体は一回り成長し、気性面でも落ち着きが出てき始めたようです。帰厩直前に右前脚が腫れるアクシデントがあったものの、すぐにおさまってしっかりと時計も出しているので、やはりタフさは一流のものを持っているようです。

 

 追い切りは、一週前で古馬オープンを0.9秒追走から0.8秒先着と順調な仕上がりを見せており、レースで入れ込み過ぎないように直前追い切りは軽めの調整で行うとのことです。まずは無事に秋の始動戦を終えてくれることを祈ります。願わくば、2着以内収得賞金圏内で入線して、のちのちのレース選択が楽になってくれれば言うことはありません。