馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【一口馬主】今年最後の出走、タイムトゥヘヴンくんは4枠7番。ポレンティアちゃんは年始復帰に向けて帰厩

 いよいよ2020年の中央競馬も今週末の2日間で終わりますが、我が馬也ホースレーシングからも土曜日26日の中山3R未勝利戦にタイムトゥヘヴンくんが参戦します。

 

◆タイムトゥヘヴンくん

 11月のデビューから中2週でコンスタントに走って今回が3戦目となりますが、過去2戦はともに4着。課題はありながらもしっかりと結果を伴わせてきており、今回での勝ち上がりは十分に期待できます。

 

 追い切りも馬なりながら古馬1勝クラスを追走して、直線は内に潜っての同入としっかりとした走りを見せてくれており、戸田博文調教師からも「教育の成果が出てきてまっすぐ走れるようになってきた」というコメントがもらえました。

 

 今回は、騎手が戸崎圭太騎手から北村友一騎手に乗り替わりとなります。この交替は、馬へのコンタクトがソフトな騎手を乗せたらどう出るか、という実験的要素も踏まえつつのものですが、気性的に乗り難しいのはすでに分かっていることでもあるので、これが奏功することを願っています。

 

 枠番的にも4枠7番であれば悪くはなさそうです。フルゲートの18頭になったので、まずはスタートをしっかりと出して、前回並みの位置取りをしてくれればと思います。あとはその先、3コーナーあたりでレースが動くところで自分から動けるかどうかですが、動けさえすれば十分に勝ち上がりが見えてくると思います。

 

 一年のラストを勝利で締めくくって、よい2021年を迎えたいものです。

 

◆ポレンティアちゃん帰厩

 ポレンティアちゃんが、年明けの第1回中山競馬での復帰を目指して帰厩しました。田中博康調教師からは「今回は芝に戻す」と明言があり、また、番組構成の関係から目指すレースは1/17の7Rあたりで決め打ちになりそうな気がしています。

 

 そうすると、既に帰厩しているスターズプレミアくんも次走同日の阪神7Rダート1400mせんを川田将雅騎手で予定しているため、年明け一発目の出走がダブル出走になるかもしれません。