馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【一口馬主】DMM2019年産募集馬 全頭検査だッ!?(その4)

 『ウマ娘 シンデレラグレイ』の感想記事を間に挟んだため2日ぶりとなるDMM2019年産募集馬全頭検査、全5回中の4回目でございます。今回も牡牝一頭ずつチェックしたいと思います。

 

 ◆ウォークロニクルの2019(牡 父・キズナ)

 

banusy.dmm.com

一口価格17,500円(2000口) 募集総額3,500万円

栗東・武幸四郎厩舎

馬体重:431㎏ 体高:155.0㎝

胸囲:172.0㎝ 管囲:20.0㎝

 とにかく馬体の総合的な完成度の高さが目を引きます。すでに初年度産駒が大きな結果を出しているキズナ産駒ですが、この馬はより父親、そして祖父の美点を引き継いでいるように見えます。皮膚の薄さと力強い首さしも大変いいと思います。

 歩かせてみると後肢の飛節の伸びやかさや手先の軽さが顕著で、スピード能力を感じます。ウォーエンブレムが母父なので、距離はマイル以下、スプリントでの活躍も期待できそうです。同じキズナ産駒の現役活躍馬で言えばビアンフェのようなイメージかと。

 

 

 ◆ギエナーの2019(牝 父・シルバーステート)

banusy.dmm.com

 

一口価格16,500円(2000口) 募集総額3,300万円

栗東・池添学厩舎

馬体重:438㎏ 体高:156.0㎝

胸囲:172.0㎝ 管囲:20.2㎝

 要注目の新種牡馬シルバーステート産駒ですが、ほかの産駒にも見られるしなやかな筋肉と柔軟な関節の動きがこの馬からも見て取れます。

 母系は凱旋門賞馬ザルカヴァを出したZarnaのファミリーで、ここにオーストラリアの血統を掛け合わせています。豪州血統の母型への導入は同じくDMMで募集のミスラゴの2019(その3にてレビュー)と同じですね。

 そしてこの馬は牝馬なので、吉田一族の牝系改良戦略の一翼も担っていると思われ、その点においても非常に興味深い一頭といえます。 

 

 いよいよ次回がDMM全頭検査のラストとなります。シルクの方の募集中間発表も出て、何頭か☆かっ馬をあきらめざるを得なさそうな状況が見えてきたので、こちら側の出資検討も徐々に本腰を入れていきたいと思います。