馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

3月2週振り返り。武豊騎手はデビューイヤーから34年連続重賞勝利。

1987年といえば辻ちゃんが生まれた年です。

ていうか、辻希美ってもう33歳なのかよ…

 

◆WIN5結果と言い訳

news.netkeiba.com

阪神10R デターミネーション【×】

中山10R メイショウワザシ【○】

中京11R ペプチドバンブー【×】

阪神11R レッドガラン【×】

中山11R サトノフラッグ【○】

 

1番人気2つだけの的中でした。

 

阪神10Rのデターミネーションは

外枠での良績が目立たず危険な

人気馬と見て外していたのですが、

スタート直後にシスルとアユツリオヤジが

やり合った結果(最終的にこの2頭で

ブービーとドベ)、その番手に

ノープレッシャーで収まって、

そのまま最後までスムーズな競馬を

しての完勝でした。

 

今週の決め手は何といっても

中京11Rのペプチドバンブーですが、

これは中京の馬場が想定以上に

渋ったことが理由でしょう。

 

本馬の成績を改めて振り返ってみると

過去3勝のすべてが道悪(不良・稍重×2)、

2着も5回ありますがそのうち実に

4回が道悪という、道悪巧者というか

「道悪意外走らない馬」であることが

明確で、お昼過ぎまで馬場状態を

見守っていればもしかしたら買い目に

入れられたのかな、などと思ってしまいます。

 

そうでなくても前走は7着ながら先週の

阪急杯を勝ったベストアクターと

0.5秒差の競馬をしており、この

クラスでは上位レベルの力があったと

見ることができたのかもしれません。

 

こういう、反省と称する事実上の

タラレバを積み上げながら、競馬への

理解を深めていけたらいいですね。

そもそも馬券攻略術をメインに

据えたブログではないので…

 

◆POG指名馬出走結果

3/7阪神6R ギルデッドミラー【1着】

3/8中山11R サトノフラッグ1着】

 

今週は出走馬2頭とも勝利となりました。

サトノフラッグは重賞勝ちで、なんとか

今年も指名馬が重賞勝利となりました。

また、このサトノフラッグの勝利で

今年の指名馬通算勝利数10勝目。

昨年がダービー終了までに11勝だったので、

その記録は何とか越えられそうですね。

 

鞍上の武豊騎手は、デビューイヤーの

1987年京都大賞典をトーカイローマンで

制して以来、これで34年連続の

重賞勝利となりました。

news.netkeiba.com


とてつもない記録ですね。

サトノフラッグの今日のレースぶりは

武豊騎手も勝利ジョッキー

インタビューで話していましたが、

父ディープインパクトの現役時代を

彷彿とさせるようなもので、

本番・皐月賞ではコントレイルとの

対決となりますが、それまでに

どれだけ成長をすることが

できるのか注目です。

 

<POG2019ここまでの成績>
(丸囲み数字は着順)

アブソルティスモ   ②❶③❶④
ロジアイリッシュ   ②④⑦⑫③③
コパノリッチマン   ⑮⑧⑮(抹消)
ウインドジャマー   ⑤②②⑩③④⑪
ギルデッドミラー   ❶③⑥②❶
エレガントチャーム  ⑤❶
クレパト       ⑦②❶⑮⑧➈
クロスキー      ⑥⑭
スターズプレミア   ②④④➈
フロイデンベルク   ⑥
アドマイヤメジャー  ➈③②②
サトノフラッグ    ⑥❶❶❶
マテンロウディーバ  ❶③
ジャルジェ      ⑤
アイガーテソーロ   ⑫

 

そのほか、今週の珍記録は

ナックビーナスのオーシャンS

4年連続2着というのがありました。

news.netkeiba.com

ナックビーナスをみるたびに、

この馬を未勝利戦で負かした

友駿HCのハイデンガールズという

馬に出資検討をしていたのを

いつも思い出します。

 ※結局出資はせず、その3年後に

  シルクで一口馬主を始めました。