馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

無観客競馬の風景・点描(3/1)鮮烈デビューと有終の美と

昨日に続いての無観客競馬2日目。

初日にも感じましたが、ひとつひとつの

ドラマがノイズが少なく伝わって

くるように感じられます。

 

今日も一日、色々とドラマチックな

出来事がありました。

 

まずは、無観客競馬ではないですが

未明に行われた史上初の

サウジカップと一連のアンダーカード。

 

各レースで日本馬の好走が見られましたが、

なかでも驚いたのはフルフラットによる

サンバサウジダービー制覇。

news.netkeiba.com

映像を見ても、かなり強い勝ち方を

したと思います。この後はドバイに転戦して

UAEダービーを目指すようですが、

ここでも好走できれば、米クラシック

参戦も視野に入ってくるのではないでしょうか。

昨年はBCジュベナイルに出走して

5着に入っており、適性はあるかと。

 

ちなみにこのレースの1着賞金は

邦貨換算で約5200万円とのこと。

JRAのGⅡとほぼ一緒ですね。

サウジカップの1着賞金11億の

インパクトで、このレースも高額

賞金なのかと思っていましたが…。

ちなみに次走UAEダービーの

1着賞金は約1億円です。

news.netkeiba.com

 

そして夜が明けて3/1のJRA開催。

この日は新人騎手4名のデビューと

作田誠二・山内研二両調教師の

ラストデーとなりますが、さっそく

阪神の1Rで、このレースが

デビュー戦となる泉谷楓真騎手が、

嶋田純次騎手以来10年ぶりの

初騎乗初勝利を達成。しかも、

史上初となる1着同着での達成と

なりました。

news.netkeiba.com

このレース、メイショウヒバリに騎乗した

泉谷騎手はスタート興発から先頭に立って、

しっかりとペースをコントロールしての

逃げ切り勝ちのように見えましたが、

本人のコメントによればかなりバタバタと

していたとのこと。

 

直近のnetkeibaコラムで佐藤哲三

元騎手が「本当に上手い騎手は、

なにもしていないように見せる」と

いったようなことを書いていましたが、

泉谷騎手のこのレースの騎乗ぶりは

まさにその片鱗を見せるものだったと

ワタクシは思います。

 

さらに、本日がラストとなる両調教師、

作だ誠治調教師は中京8R、山内研二

調教師は阪神12Rがそれぞれ最後の

出走となりましたが。

 

どちらも1着となりました。

news.netkeiba.com

news.netkeiba.com

引退調教師管理馬の大駆けはこの時期の

風物詩でもありますが、ラストランで

そろって優勝というのはなかなか

珍しいのではないでしょうか。

 

出会いと別れの季節を色濃く感じる

無観客競馬の2日目でした。

 

ちなみに東西重賞予想はどちらも

テイエムトッパズレです。

でも、予想にあくせくしないで観る

競馬というのもいいものですね。