馬也ホースレーシング

一口馬主・馳走人の競馬備忘録です。シルクHC・ノルマンディーOC・DMMバヌーシーにて出資中。その他POGやWIN5予想などを馬体・血統面からのアプローチを中心に行ってます。競馬以外の話題はnoteにて発信中。 https://note.com/machino_sokoyori

【令和の記録】天皇陛下御即位慶祝第160回天皇賞(秋)・「最強令嬢」アーモンドアイが制する。

令和の競馬史の始まりにふさわしい

天皇賞でした。ワタクシも東京

競馬場に臨場して観戦、写真も

たくさん撮ってきたので、それを

元に振り返っていこうと思います。

 

レースの詳細な経過と結果は、

こちらのニュース記事をご覧ください。

news.netkeiba.com

news.netkeiba.com

 

では、改めて写真で振り返る観戦記です。

f:id:chisounin:20191028225604j:plain

まずは午後2時手前、

府中競馬正門前駅に降臨。

f:id:chisounin:20191028225701j:plain

f:id:chisounin:20191028225721j:plain

装飾の色遣いは、帝の色にちなんで

紫いろと金色を主体としたデザイン。

落ち着いた雰囲気も醸し出す

とてもいいデザインだと思います。

 

まずは、パドックに向かいますが

この日はダービー並みの観客の

出足だったため、スタンド3階

テラスに陣取って各馬登場を待ちます。

 

f:id:chisounin:20191028225943j:plain

 

ここからは、パドックでのアーモンドアイの

様子を連続でご紹介します。

f:id:chisounin:20191028230444j:plain

f:id:chisounin:20191028230456j:plain

f:id:chisounin:20191028230509j:plain

f:id:chisounin:20191028230523j:plain

f:id:chisounin:20191028230538j:plain

遠く離れたところから、ファインダーもなく

マニュアルフォーカスもついていない

カメラでの撮影のため、なかなかベタピン

とはならず、最後の5枚目の写真で、

ギリギリ何とかピントが合っているかなと

いう状況ですね。

 

カメラのスペック的にはこれでも十分

以上だとは思いますが、よりよい

スペックのカメラが欲しくなりますね…。

カメラ沼に突入の予感。

 

続いて、レース観戦のためにスタンドに移動。

f:id:chisounin:20191028231440j:plain

ご覧の通りゴール板付近は

通路まで人があふれてしまっており、

この場所からの観戦は断念して、

スタンド3階の、ゴールから50mほど

4コーナーよりの地点に陣取りました。

f:id:chisounin:20191028231601j:plain

 

ワタクシの立ち位置から、動画で

最後の直線を取ってみました。

ほぼワタクシの目線が追いかけた

通りなので、終始きれいにレースを

捉えているわけではないですが、

スタンドから見たリアルな記録映像と

思ってご覧ください。

 

www.nicovideo.jp

 

圧倒的勝利でレースを終えて

勝ち戻ってきたアーモンドアイ。

f:id:chisounin:20191028233304j:plain

f:id:chisounin:20191028233322j:plain

f:id:chisounin:20191028233350j:plain

f:id:chisounin:20191028233338j:plain

f:id:chisounin:20191028233423j:plain

アーモンドアイを形容する

フレーズで、一番ふさわしいものは

どんなものか、勝ち戻る様子を

見ながら考えたのですが、

「女傑」はヒシアマゾンが、

「女帝」はエアグルーヴが

それぞれすでに襲名しており

使うことができないので、

 

新元号「令和」から一文字取って

【最強令嬢】

というのはどうだろうかと考えました。

 

そんな最強令嬢アーモンドアイ、

今回もレース後は力を出し切って

口取りには出てこられずでしたが、

f:id:chisounin:20191028233704j:plain

国枝調教師とルメール騎手の

晴れやかな表情が実に印象的でした。

 

覚悟の競馬論 (講談社現代新書)

覚悟の競馬論 (講談社現代新書)

 


その他の出走馬の写真も撮りましたが、

netkeibaの各馬データベースページに
アップしますので、ぜひそちらもご覧ください。