馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】10月の1歳馬軍団近況

オーナーのみなさん、10月ですよ~。

月の初めは幼駒軍団の近況更新です。

 

◆シルクホースクラブ

サダムグランジュテの18

馬体重は468㎏で、先月頭から増減なし。

馴致も順調に進んで、坂路での乗り込みを

開始したようです。前進気勢は十分に

ありつつも、馴致でやや物見をするなど

していたようで、気性が悪い方向に

出ないように進めてもらいたいものです。

馬体にも徐々にメリハリが出てきて、

皮膚の薄さはしっかりと感じられるので

このまま順調にいけばいいですね。

 

グレイシアブルーの18

馬体重422㎏で、前月からはプラス1キロで

ほぼ変化なし。馴致をしっかり進めて、

フラットワークとウォーキングマシーンの

メニューをこなしているようです。

遅生まれから、まだ体の成長はこれからの

ようで、現状は非力な面が見られる

ようです。この点はかなり大きな課題に

なりそうですが、ノーザンの育成であれば

時間をかけてでもしっかりと作って

くれるのではないでしょうか。

 

ビジュートウショウの18

馬体重468㎏で、前月から一気に34㎏増。

一気に体は大きくなったようですが、

その分フィジカルの出来上がりは

これからのようです。こちらも

グレイシアブルーの18同様非力な

印象があるというコメント。

同様に、ノーザンの育成なので

現状あまり気にする必要はないと思います。

気性面は従順で乗りやすいという

評価を得ているので、その点を

損なうことなく進めてくれればと思います。

 

 

非力コメントが2頭続けて出てきて

しまっていますが、まだまだ1歳の

秋です。どのようにも変わってくる

時期ですから、気長に成長を待ちます。

 

◆DMMドリームクラブ

キストゥヘヴンの18

ロンギ場でのフラットワークを順調に

こなしているようです。

測尺については6月の募集開始前に

公開された数字から更新がないので

不明ですが、3ヶ月たった現在は

そのころ(416㎏)よりは幅が

出てきているので、440㎏前後

くらいはありそうな見た目ですが、

実際のところはどうでしょうか。

 

 

各馬とも昨年世代よりは課題点が

明確に示されていますが、克服

すべきハードルがしっかりと

見えているのは、育成過程に

あってはポジティブなことだと

思います。

 

引き続き、成長を見守って

いきたいですね。

>