馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】シルク18年産募集馬詳細公開。さっそく出資候補を検討するぜ(その2)

【前回のあらすじ】

一日のアクセス数、せいぜい行って

300ちょいのクソザコブログが、

1000以上のアクセスを集めた。

 

 

chisou-horse.hatenablog.jp

 というわけで、先日の東サラ募集馬

のぞき見記事のざっと5倍のアクセス数を

稼いだシルク募集馬チェック第一弾。

 

それだけシルクの馬への出資検討熱が

過熱しているのでしょう。はたして、

ワタクシも首尾よく仕入れが

できるかどうか…。

 

では、シルク募集馬チェック

後半戦に入ります。

 

◆61.アンティフォナの18

 (牡・父キズナ)

https://www.silkhorseclub.jp/horse_bosyu/2019/2018061

www.youtube.com

一口価格6万円。この時期のキズナ産駒は

良い言い方をすればシャープ、悪く言えば

骨っぽく見えるため昨年は出資を見送り

ましたが、その後初期馴致が始まって

以降の各馬の成長が著しく、2歳となった

初年度産駒が既に新馬戦でも台風の目

となりつつあります。

 

本馬もそんなシャープさを持ちながら、

窮屈さのない骨格の作りとしなやかそうな

筋肉を過不足なくまとっており、

歩かせてみると父キズナの牝系、

パシフィックプリンセス系の

雰囲気も感じられる好馬体です。

 

5月生まれなので活躍するのは

少し後になりそうですが、奥の深い

競走生活を望むのであればぜひ

検討したい一頭ですね。

 

◆66.サダムグランジュテの18

 (牡・父ヘニーヒューズ)

https://www.silkhorseclub.jp/horse_bosyu/2019/2018066

www.youtube.com

一口価格4万円。産駒のワイドファラオが

芝・ダートの重賞を連勝して俄然注目を

浴びる父ヘニーヒューズですが、本馬も

パワーを感じさせるボリュームたっぷりの

馬体をしており、1月生まれであることから

早くからの活躍も期待できます。

 

たとえばグレンツェントのように

上手いこと交流重賞の常連になれれば、

息の長い馬主孝行な競走生活を

期待することもできそうです。

 

◆69.ウルドの18

 (牝・父リオンディーズ)

https://www.silkhorseclub.jp/horse_bosyu/2019/2018069

www.youtube.com

一口価格2.8万円。母父ハービンジャーと

いうところに社台グループとしての

牝系改良の戦略が垣間見えます。

 

父リオンディーズも社台グループ

としては何としても成功して欲しい

ところでしょうし、価格はリーズナブル

ながら、下手なものは寄越して

こないな、と感じます。

 

ややトモ勝ち気味な馬体ですが

歩様のバランスはまずまず

悪くないので、コンスタントに

走ってくれれば馬代金分の

回収はかなり高確率で見込める

のではないでしょうか。

 

ほかにも気になる馬はチラホラと

いますが、まずは希望の馬が

1頭でも多く獲れることを

願うばかりです。

>