馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】ヒトサマのクラブ募集馬をのぞき見するぜ(東京TC編)

一口馬主の諸兄におかれましては、

まさに今1歳馬仕入れ検討タイミングの

ピークですが、自分の出資している

クラブ以外の募集馬も気になるもの。

 

今回は、「レッド」の冠号と

的場文男チックな勝負服でおなじみの

【東京サラブレッドクラブ】の

募集馬をのぞき見してみようと思います。

www.tokyo-tc.com

7/8より募集開始の第一次募集馬は

東西あわせて37頭。400口募集のクラブで、

一口価格は20万円~3.5万円と幅広い

ラインナップ。

 

リストを見てまずぶったまげたのが、

我が出資愛馬フロイデンベルクさんの弟、

フラーニ―フロイド18

(牡・父ブラックタイド)が、

何と総額5800万円、一口価格14.5万円の

高額で募集がかかっていること。

https://www.tokyo-tc.com/mng_h_pdf/b_p_blood_FrannyFreud18.pdf

 

ひとつ上のフロイデンベルクさん

(牝・父ダイワメジャー)がシルクの

500口募集で一口3.6万円で出資が

できたことを考えると、ワタクシ、

去年とてもいい買い物をしたのだなあと

改めて思います。

 

弟くんも、かなり大きな馬体に

なりそうですね。

姉さんは570kgをこえたよ…orz

 

その他気になったのが以下の3頭。

 

◆レッドソンブレロ18 一口価格:4.5万円

 (牡・父マジェスティックウォリアー)

https://www.tokyo-tc.com/mng_h_pdf/b_p_blood_RedSombrero18.pdf

しっかりした腹袋と、頑強そうな

骨格に筋肉がしっかりと乗っており、

ダート戦線で長い活躍が期待できそう。

今年の2歳がファーストクロップの

父もすでに勝ち上がりを出しており、

もしかしたら人気になるかもですね。

価格的にも掘り出し物の予感。

 

◆リュズキナ18 一口価格:17.5万円

 (牡・父ディープインパクト)

https://www.tokyo-tc.com/mng_h_pdf/b_p_blood_Ryzhkina18.pdf

さすがのディープ産駒というべき高馬ですが、

SS系×ストームバード系の配合であれば

うまくハマれば十分馬代金の回収は

可能でしょう。

馬体を見てもトップラインのしなやかさが

非常に魅力的で、筋肉の付き方も

窮屈さがない好馬体です。

 

◆ココロノアイ18 一口価格:13.5万円

 (牝・父ロードカナロア)

https://www.tokyo-tc.com/mng_h_pdf/b_p_blood_KokoronoAi18.pdf

立ち写真を見た中では37頭中1番の

素晴らしいバランスを持っていると

思います。歩様動画を見てみないと

何とも言えないですが、走る

ロードカナロア産駒特有の手先の

軽さと後肢の踏み込みを見せてくれそうです。 

 

 

バイヤー系クラブだからか、

全体的に募集価格が高いですね。

セールの取引価格が高騰している

影響でしょうか。

 

もちろん、手ごろな価格の馬も

多くいるので、そこから掘り出し物を

見つけ出すのも楽しいはずです。

>