馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

桜花賞振り返り・オークスへの取捨も考えるよ!

グランアレグリアの勝ちっぷりは、

「ナタ」型ディープインパクト産駒

これにあり、という好内容でした。

news.netkeiba.com

レースの経過と結果は、いつも通り

ニュース記事を見ていただくとして、

大枠、ワタクシの見解は当たって

いたと思います。

 

chisou-horse.hatenablog.jp

 まあ、馬券は外しましたけどね!

 

見解で示した推奨馬の結果は…

 

・グランアレグリア【1着】

 バッチリ見立て通りの勝利でした!

・ダノンファンタジー【4着】

 好走はしているものの、案外。

 向こう正面で引っかかったのが

 よくなかったのかと。

・ビーチサンバ【5着】

 3~4コーナーでポジションを取りに

 動いたのは好判断だったと思いますが、

 そこで脚を使った分キレ負けでしたね。

・エールヴォア【7着】

 位置取りが後ろすぎましたが、上がり

 3Fはメンバー中2位タイ。持っている

 脚は見込み通りでした。

 

今回の敗因は、2着シゲルピンクダイヤの

取捨を誤ったことに尽きます。

前走のレースぶりから「カミソリ」系の

馬かなと思い、今回は切ってしまったの

ですが、よくよく血統表を深堀すると

ノーザンダンサーのクロスを強く持っていて、

いかにも「ナタ」な血統構成でした…。

 

馬群を縫って出てきた機動力も、

ダイワメジャーの若駒らしい

柔らかさがありましたね。3歳

いっぱいは硬くならなさそうなので、

もしかしたらクラシック戦線を

毎回上位で完走するかもしれません。

 

これらを踏まえつつ、今回

奨励金圏内(重賞なので10着以内)の

各馬がオークスに出てきた場合の

取捨をメモしておきます。

 

・1着 グランアレグリア

 距離延長は不安。母系北米血統も

 東京2400向きではない。【消し】

 

・2着 シゲルピンクダイヤ

 血統的に距離は疑問だが、個体レベルでは

 ダイワメジャー産駒でもロードヴァンドールの

 ような馬はいる。【保留】

 

・3着 クロノジェネシス

 スタート後ややかかるもすぐに折り合い。

 コース・血統とも東京の方が

 向いている。【買い】

 

・4着 ダノンファンタジー

 距離に大きな不安があるほか、今後の

 成長度合いにも大きな疑問。【消し】

 

・5着 ビーチサンバ

 スタミナは今回メンバー中随一か。

 脚を無駄遣いしなければ上位候補。【買い】

 

・6着 プールヴィル

 マイルで既に長い印象。2400は無理。【消し】

 

・7着 エールヴォア

 着順以上に切れ味見せた。東京コースなら

 もっとこの馬の持ち味が活きそう。【買い】

  →心配は、「賞金が足りるかどうか」  

 

・8着 ジュランビル

 この馬もプールヴィル同様2400は

 長すぎ。【消し】

 

・9着 シェーングランツ

 今回は位置取りも後ろすぎ、また、

 スピード負けも致し方なしだが

 勝ち馬から1秒差なら距離延長、

 東京替わりが大いにプラス。【買い】

 

・10着 アウィルアウェイ

 半兄インディチャンプもマイラー型で、

 この馬もその傾向。ただ、左回りが

 明らかに合うので、3歳牝馬同士の

 戦いなら一発も。【保留】

 

以上、順調に出てきた場合オークスで

「買い」なのは、クロノジェネシス・

ビーチサンバ・エールヴォア・

シェーングランツの4頭。

 

あとは、今日忘れな草賞を勝った

ラヴズオンリーユー、フラワーCを

快勝したコントラチェックのほか、

トライアル組新勢力を吟味して

オークスに臨めればと思います。

>