馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【GⅠ】桜花賞見解・カミソリかナタか、それともビームサーベルか。

いつもは桜花賞の前に見ごろを

過ぎる仁川の桜も、今年は良い

タイミングで桜花賞を迎えそう。

 

news.netkeiba.com

引き続き馬場は開催末期の毛羽だった

状況が続きそうです。

 

ただ先週の大阪杯が内回りでの施行に対し

今週の桜花賞は外回りでの施行。

先週は極端に内寄りのトラックバイアスが

発生していましたが、今週については

例年の傾向を見ても外差しも十分に

決まるフェアなコンディションと

なりそうです。

 

とはいえ、まず検討すべきはここでも

ディープインパクト産駒の取捨でしょう。

 

この馬場コンディションで、最大の

セールスポイントである切れ味が

発揮されないのではないかという

見方も多くあるでしょうが、

注目すべきは切れ味の「質」。

 

古くはコダマとシンザンを比較して

カミソリとナタという表現が

ありましたが、今回探し出したいのは

「ナタ」タイプのディープ産駒。

「カミソリ」タイプの産駒は、

馬場が軽くなるであろうオークスで

狙いたいと思います。要は

「出し入れ」ですね。

 

では、出し入れなどと言っておきながら

ロードカナロア産駒ではあるものの

昨年らくらく二冠を達成した

アーモンドアイはどういうことだ、って?

 

あれはいわばビームサーベルです。

カミソリかナタかの次元で議論

する方が間違ってる。

 

話がそれましたが、具体的に

争覇候補を探していきましょう。

 

大阪杯の振り返りで示した

 ・大型馬

 ・近況馬体増著しいが太め残りでの

  負けをしていない

この2点を「ナタ」の定義としたときに

浮かび上がってくるのがグランアレグリア。

 

前走(朝日杯FS3着)出走体重は

482㎏で、大型馬とまではいかないなりに

今回のメンバーの中では重量級。

さらに注目すべきは、ダノンファンタジーを

降して勝ちあがった新馬戦から半年で

24㎏も馬体重が増えていること。

競走生活的にもピークを迎えていそうです。

 

前走の負けが体重増ではなく、

初の関西輸送とルメール騎手確保ありきの

やや変則なローテーションにあるとするならば、

輸送も二度目、鞍上確保もスムーズに

いっている今回は上積みも十分にあると見ます。

 

ディープインパクト産駒以外で「ナタ」

タイプと言えそうなのがエールヴォア

荒れた馬場が得意なヴィクトワールピサ産駒で、

馬格も前走510㎏と迫力十分。

さらに、今回のメンバー18頭中唯一の

短縮ローテでもあり、穴にぜひ一考したい

一頭といえるでしょう。

 

また、断然の一番人気となりそうな

ダノンファンタジーも、どちらかといえば

「ナタ」型ディープインパクト産駒

かもしれません。アーモンドアイ級の

ビームサーベルかは、ちょっとばかし

微妙だとは思いますが。

 

新馬戦こそグランアレグリアに敗れたものの、

次の未勝利戦は馬体重18キロ増で勝ちあがり。

そこから阪神JFを含み、前走チューリップ賞まで

4連勝。完成度もかなり高いです。

 

馬体重は460㎏台の標準サイズですが、

充実の過程は先週大阪杯で3着のワグネリアンに

似ています。この時期で既にそういった成長曲線を

描いているので、秋以降も引き続き争覇候補かと

いわれると微妙ですが、現時点では絶対に

外せない一頭なのは間違いないです。

 

あとは、三連勝式で狙うならば

同様に「ナタ」タイプで、デビューから

ここまでしっかりと相手なりに

走っているビーチサンバを加えて、

そのほかはパドックや返し馬を見て

お好みで穴馬を1~2頭入れての勝負で

いかがでしょうか。無理に相手は

加えず4頭勝負でもいいと思います。 

 

予想印と買い目は

「【最強】競馬ブログランキング」

ブロガー予想コーナーと

netkeiba「俺プロ」予想大会

ページで随時公開していきます。


f:id:chisounin:20180603191539p:plain

 

POG指名馬からはシェーングランツと

レッドアステルの2頭が出走。

かなり厳しい戦いになると思いますが、

健闘を祈りたいと思います。

>