馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【2/24JRA予想】畏れ多くも天皇陛下御在位30年慶祝第93回中山記念の見解を披露つかまつる。

今上御在位30年慶祝競走と相成った本年の

中山記念は、出走馬の年齢が4歳~10歳、

地方馬の参戦に障害帰りもいる、まさに

何でもありの平成時代を象徴する

「春のオールカマー」の様相。

 

f:id:chisounin:20190222222358p:plain

◆基本的には上位決着の見込み

多彩なと言えば聞こえはいいものの、

言い換えればメンバー間の実力には

歴然の差があり、GⅠホース5頭と

現役最強の中山巧者ウインブライトの

6頭が明確に抜けているでしょう。

 

この6頭の3連勝式BOXを買っておけば

恐らく間違いなく的中となるでしょうが、

同時に、ほぼ間違いなくトリガミと

なるでしょう。

 

この6頭からいかに絞り込んでいくか。

それがこのレースの攻略法となります。

 

◆スワーヴリチャードが苦手なのは

 「右回り」ではなく「乱ペース」

かつては右回りが不得手ではないかと

言われていたスワーヴリチャード、

昨年の大阪杯を制し、右回りも

直線の急坂もこなした今、中山の

このコースで買えるのかどうかを

検討するのがまず第一と考え、

本馬が勝利した主なレースと、

敗戦した2度の中山でのレースの

ラップタイムを以下に列記すると、

 

○大阪杯(阪神芝2000m)【1着】

12.8 - 11.3 - 12.4 - 12.4 - 12.2 -

11.8 - 11.2 - 11.1 - 11.4 - 11.6

 

○アルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)【1着】

7.4 - 11.3 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 -

11.8 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 12.1

 

 

○有馬記念(中山芝2500m)【4着】

6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 -

12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3

 

○皐月賞(中山芝2000m)【6着】

12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 -

12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 

 

勝ったレースのラップタイムは、大阪杯の

入りの1ハロンが若干遅いものの、総じて

「ワンペース」のレース展開、中山で

敗れた中山の2レーラップタイムの上下が

激しいレース。要するにスワーヴリチャードが

苦手なのは「ラップの上下が激しいレース」

であることがわかります。

 

では、今回どうなるか。おそらく苦手な

ラップの上下が激しいレースになるでしょう。

 

中山の芝1800の場合、スタートから200m

ほどで1コーナーとなるため、まずは

そこまでが速いラップ、1~2コーナーで

ややペースが緩んだ後、下り基調となる

向こう正面でまた速くなり、3コーナーで

一瞬緩んだ後直線の坂下まで速くったあと

最後に激坂でガツンと時計がかかる

構成となるため、どう考えてもワンペースに

なることはあり得ないでしょう。

 

なので、スワーヴリチャード、

今回は「100%見送り」ます。

 

◆中山巧者ウインブライトは、

 乱高下ラップ巧者でもある!

翻って、このコースでは圧倒的な

強さを誇るウインブライト。

前走中山金杯と昨年のこのレースの

ラップを見てみると、

 

○中山金杯(中山芝2000m)【1着】

12.4 - 10.7 - 12.5 - 11.7 - 12.6 -

12.2 - 11.6 - 11.7 - 11.4 - 12.4

 

○中山記念(中山芝1800m)【1着】

12.8 - 11.7 - 11.7 - 11.5 -

11.5 - 11.8 - 12.2 - 11.9 - 12.5

 

やはり波の激しい展開でした。

また、福島記念勝利時のラップも

 

○福島記念(福島芝2000m)【1着】

12.5 - 11.9 - 11.7 - 12.8 - 12.7

- 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 12.5

 

これまた乱高下。もしかしたら、

この馬は「中山が得意」なのではなく

「ペースの乱高下に強い」のではないかと。

特に中山のコースはこういうレースに

なる傾向が強いので、見え方として

中山巧者に見えるのではないでしょうか。

だとすると「決して中山専用機ではない」

という松岡騎手の証言も合点がいきます。

このレースでも、外すことは

きないでしょう。

 

◆ほかの有力馬のラップ適性は?

ディアドラ【押さえ⇒切り】

 →ワンペース、乱ペースいずれでも

   勝利~大敗まであり。

 →金曜夜の雨で若干含水率が上がれば

   ハービンジャーの血統で懸念点は

   やや埋まるので、100%切るのは危険。

    →雨予報で散水を控えたものの、結果的に

    それほど降らずで馬場はかなり乾燥

    しているようです。

 

エポカドーロ【切り】

 →加速ラップのレースでは取りこぼしアリ。

  サンプル数少ないがややワンペース向きか。

 

ステルヴィオ【買い】

  →ややワンペース向きの傾向はエポカドーロ

   同様だが、こちらは加速ラップに強そう。

   →操縦性の高いロードカナロア産駒、

   ポジションを取りに行くと宣言した

   丸山騎手のコメントも心強く、この馬

   向きの展開を作れそう。

 

ラッキーライラック【切り】

  →サンプルとなるレース数が少ないが、

   ディアドラ同様ラップの上下にはあまり

   影響を受けなさそう。

  →とはいえ、そもそもレース間隔が空くと

   ダメそうなタイプ

  →しかも今回が初の中山。未知数ではあるが

   リスクを冒して押さえる場面ではない。

 

よって本レース、奇しくも今上の御世、

平成始まりの日と同じく

 

馬連1-7

 

一点勝負にてつかまつる。

 

予想印は「【最強】競馬ブログランキング」

ブロガー予想コーナーにて公開。

あわせてご覧いただければと思います。


最強競馬ブログランキングへ

 

>