馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

にほんブログ村 競馬ブログへ

【一口馬主】JRA競走番組等改善事項が発表。一口オーナー的にどんな影響があるか確認するぜ。

 

本日、JRAより「2019年度競馬番組等について」

変更・改善事項の発表がありました。

 

news.netkeiba.com

 

かねてより噂されていたOP特別へのリステッド競争導入、

条件戦クラス分けの呼称変更(これ、若駒の重賞勝ち馬が

その後頭打ちになった場合はどういう扱いになるのか

いまだに不明なのですが…)ほか、

直近で出てきた「女性騎手の一般競争永久2キロ減」も

盛り込まれていました。

 

詳細はJRAのHPで確認いただくとして…

2019年度競馬番組等について JRA

 

一口オーナー的にはどんなところで影響が

出てくるのかしら?というハナシですが、

大きくは「6.その他改善事項について」の

部分が一番影響してきそうです。

 

具体的には、

 

[1]3歳未勝利競走の編成について

秋季競馬における出走状況を改善するため、

2019年度以降秋季競馬においては3歳未勝利競走を

編成しないことといたします。

 

9月のスーパー未勝利が無くなります。

なので、8月までに勝ち上がらないとアウトになるわけです。

 

500万下が「1勝クラス」という呼称に変更になることで、

以前はローカル場でフルゲート割れの時のみ可能だった

未勝利馬の格上挑戦が今後も可能かどうかはわかりません。

 

[2]3走成績による平地競走の出走制限について

より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から、

3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた

平地競走において3走連続して9着以下であった場合、

2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします。

なお、2019年度以降の競走を対象といたします。

 

特別出走手当と称する実質のエサ代稼ぎが

やりにくくなります。まあ、公正競馬の施行の

観点からも当然ですね。年明け以降の未勝利戦なんて、

5~6頭くらい「何しに出てきたんだ?」みたいな

走りをする馬がいましたので…。

 

[3]タイムオーバーによる出走制限について

(1) 平地重賞競走における出走制限
重賞競走の競走内容のさらなる充実を図るため、未出走馬および未勝利馬が平地重賞競走に出走した場合は、タイムオーバーによる出走制限を適用いたします。
(2) 距離区分の変更

 

(1)は、完全に「ヘヴィータンクルール」ですね。

(2)のほうは、まあ文言定義の見直し程度みたいです。

 

いずれにしても、競走のクオリティアップを図るのは賛成です。

JRA管轄ではないですが、近況売得金レコードを連発している

地方競馬が、その好影響として賞金・諸手当の充実を

図ることができればこれらの改正もより活きるのでは

ないかと思います。

 

>