馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】11月頭 愛馬近況(シルクホースクラブ)

ノルマンディーオーナーズクラブでの出資

2頭も確定した今日この頃ですが、こちらの

近況は来月から追いかけたいと思います。

 

◆シルク 2016年産(現2歳世代)

 

○キービジュアル(牡・栗東 庄野靖志厩舎)

10/7に東京競馬場の新馬戦で5着デビュー。

その後意欲的な続戦で中1週で10/21京都競馬場の

未勝利戦に臨むも再び5着。レース後、歩様の

乱れからレントゲン検査を行ったところ、

10/24に左前脚の剥離骨折が判明。

10/26よりノーザンファームしがらきに放牧。

 

現状、まだクラブから全治の発表などは

ないですが、部位的にはおそらく2か月程度で

治癒、そこからまた乗り込みを始めることに

なるでしょう。

 

寒い季節に無理をさせることはないので、

馬具のテストなどもこなしながら、春先の

4月阪神ないしは5月新潟あたりで

戻ってきてくれればと思います。

 

ただ、そこから9月の未勝利戦までは

ノンストップで走りつつ、何とか勝ち

上がらないと先が繋がらないので、

改めて頑張ってほしいところです。

 

○ステリーナ(牝・美浦 大和田成厩舎)

9月の新馬戦の後、ノーザンファーム天栄に

放牧に出てはや1ヶ月。疲労も抜けて歩様も

安定してきたようで、坂路で14-14の乗り込みを

始めた模様。

 

新馬戦を見る限りまだ体ができていないので、

年内くらいは天栄でしっかり乗り込んで体を

作っていくのがいいのではないでしょうか。

 

非力なタイプのようなので、中山はおそらく

向かないでしょうから、2月の東京開催を

待つくらいの進め方でいいのではないかと。

 

そこでダメならば、4月の福島か5月の新潟で

勝ち上がりを狙うのがよいのではないでしょうか。

新潟はコースが合いそうな気がしますが…。

(ぜひ、藤田七菜子騎乗でひとつ)

 

◆シルク2017年産(現1歳世代)

○ポーレンの17(通称:ポーレン=イシイ)

9/27にノーザンファーム早来に移動、初期馴致を

終えてロンギ場での乗り込みを開始したようです。

www.youtube.com

 筋肉もしっかりついてきて、順調さがうかがえます。

前勝ち気味な体つきも、いかにもこの時期の

ハーツクライ産駒という感じで好感が持てます。

 

育成担当者によれば、「環境の変化にもあまり

戸惑うところを見せない」とのことで、その点も

素晴らしいですね。

 

指名時に骨格の良さと飛節の伸びは確かなものと

見てますので、しっかり成長してトモまわりが

しっかりしてくれれば楽しみです。

早い段階で勝ち上がってくれれば、長く

競走生活が続けられるのではないでしょうか。

 

○フラニーフロイドの17(通称:フラ子)

世代間トップクラスの進み具合で、この時期に

既にハロン16秒台で坂路を駆け上がっています。

www.youtube.com

既にまるで古馬のような風格の体つきですが、

立ち姿を横から見るとまだキ甲がほとんど立っておらず、

さらなる成長が見込めます。かなりのスピードを持った

馬になるのではないでしょうか。

 

また、キ甲がしっかりと立ったら、背中はかなり

短くなりそうで、適距離はマイルでも長いくらいの

ピュアスプリンターになるかもしれません。

 

新潟千直スケ番・ダイメイプリンセスのようになるか、

ツナギの達具合からダートも行けそうなので、

レッツゴードンキのようになるか。

夢を大きく持たせてくれるような一頭になりそうです。

 

いよいよ本日から1歳馬の馬名募集が始まったので、

この2頭の名前をじっくり考えたいと思います。

>