馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

【一口馬主】シルクの人気が上げ止まらないので、リスクヘッジにもう一つくらい入会先を考えてみる。

秋華賞をアーモンドアイが制して史上5頭目の

三冠牝馬となったシルクホースクラブですが、

年初の3日間開催重賞完全制覇などもあり、

人気はうなぎのぼりです。

 

そんなわけで、今夏スタートの2017年産1歳馬の

募集も非常に盛況で、65頭の募集馬のうちすでに

63頭が満口となっている状況です(10/16現在)。

 

ワタクシとしては、2017年産についてはほぼ

満足のいく出資ができたわけですが、

 

chisou-horse.hatenablog.jp

 

果たして来年以降も狙った通りの出資ができるのかと

言われるといささか不安なところがあり、

(抽優制度で、最低一頭は確保できるでしょうが)

 今のうちになんぞ手を打っておきたいと考えたわけです。

 

現状、シルクホースクラブのほかにDMMにも

入っており、すでに1頭出資済みではあるものの、

どちらかというと、コンテンツ課金の側面の強い

クラブと考えているのは以前に記事に書いた通りです。

 

で、どのクラブに追加で入会しましょうかね?と

考えた時に条件として押さえたかったのが

 

・月の固定費があまりかからない

・生産基盤がしっかりしたクラブである

・せっかくなので非ノーザン、日高系のクラブがいい

 

この3点で、結論としては

「ノルマンディーオーナーズクラブ」への

入会を検討しております。

ノルマンディーオーナーズクラブ公式サイト

 

現在カタログを取り寄せ中ですが、10/24までの

先行募集で満口にならなかった募集馬の中から

10/31からの一般募集で一頭を選んで入会するか

どうかを検討しようと思います。

 

とりあえず応募状況はさておき、気になっている

馬は以下の通り。シルクでの出資二頭がいずれも

牝馬なので、「牡馬」であることがまず第一の

条件で考えています。

 

◆ショウナンハトバの17

募集馬詳細(ショウナンハトバの17) | ノルマンディーオーナーズクラブ

父:モンテロッソ

母父:フジキセキ

新ひだか・原口牧場生産

 

母系の特徴をよく出すモンテロッソの仔らしく、

フジキセキの血が色濃く出たようなどっしりした

腹袋に窮屈さのない骨格、雄大な馬格が

とても魅力的です。

 

毛色や白徴も、サンデーサイレンス⇒フジキセキの

特徴をよく受け継いでおり、クラブコメントにも

ある通り、芝のマイル戦前後が主戦になりそうです。

 

動画を見てみても、飛節がしっかり伸びるような

歩様で、左右のバランスもまずまずよさそうです。

 

ひとつ上の半兄パイロテクニクスはシルク募集馬で、

今夏の新馬戦をさっそく勝ち上がっています。

 

 

◆レットイットスノーの17

募集馬詳細(レットイットスノーの17) | ノルマンディーオーナーズクラブ

父:アイルハヴアナザー

母父:ハーツクライ

新ひだか・岡田スタッド生産

 

アイルハヴアナザー産駒ということで、ダート路線での

息の長い競走生活が期待できそうです。下級条件なら

芝でもそこそこ走れるかもしれません。

 

一口馬主としては、一世代に一頭、タフに使える

馬を持っておきたいところで、そういった需要には

しっかり答えてくれそうな気がします。

 

生産者の岡田一族も、アイルハヴアナザー

産駒の特徴を熟知しており、しっかりとした

育成を施してくれるように思います。

 

トモの作りはもう一つですが、この時期の

ハーツクライ内包血統としてはよくあることなので、

3歳~古馬になるころにかけてしっかりと

してくるでしょう。それまでに未勝利戦を

勝ち上がれるかがキーポイントになりそうですね。

 

まだ資料請求をした段階で、実際に

入会するかどうかは未定ですが、

前向きには考えています。

>