馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

にほんブログ村 競馬ブログへ

【一口馬主】ステリーナちゃんの入厩が見えてきた6月頭の愛馬近況

新馬戦もスタートしまして、いよいよワタクシが

出資している2歳馬2頭、ステリーナちゃんと

キービジュアルくんもデビューに向けて育成の

ピッチが上がってくるのでしょうか。

 

6月頭になり、シルクホースクラブHPに掲載の

近況情報も更新され、我が愛馬2頭の最新の

状況も掲載されました。

 

まずはステリーナ。

ステリーナ | シルク・ホースクラブ - Silk Horse Club

 

この中間も飼い食いが非常に良好で、体重が450㎏まで

増えました。担当者コメントによれば「飼い食いが良好で、

毎週の体重測定では右肩上がりに増加しているのは

頼もしいですね。馬体に少しずつ幅が出ていることが、

体重増加につながっていると思います。」とのこと。

 

出資当初に見込んだ内臓の強さをいかんなく発揮

しているようで、実に順調な育成の進捗と言えそうです。

 

繰り返し強調している「内臓の強さ」ですが、特に

消化器系についてはサラブレッドが草食動物であり、

品種改良の結果極限まで絞り込まれた腹回りに

極めて長い腸と複雑な作りの意が詰め込まれている以上、

どうしてもウィークポイントになる部分であり、

この部分の丈夫さは、今後も出資馬選びに際しては

こだわっていきたいポイントです。

 

先日も、同じシルクの馬であったオブセッションが、

手術後の合併症というやや特殊な経緯とはいえ

大腸炎によって命を落としてしまう悲しい出来事がありました。

chisou-horse.hatenablog.jp

 過去をさかのぼても、ナリタブライアン、エルコンドルパサー、

アドマイヤベガなど胃腸のトラブルによってこの世を去った

名馬は枚挙にいとまがないのです。

 

今後とも、クラブには各馬の買い食いの状況や、

時には「ボロ」の質についても詳しく伝えて

頂きたいものです。

 

そんなステリーナですが、入厩予定先の美浦・大和田成

厩舎との入厩打ち合わせが「6月中」をめどに進んでいる

とのこと。キービジュアルの方が先のデビューになるかと

思っていましたが、こちらの方が先になりそうです。

 

左手前のフォームがダイナミックな馬なので、左回りの

8月の新潟あたりでデビューでしょうか。そうすると、

今年の二冠牝馬アーモンドアイと同じ開催でのデビュー

となり、とても縁起がいいですね。

坂がない点・スクーリングができる点で東京デビュー

よりもいいのではないかと思います。

 

2歳戦で3~4走くらいコンスタントに使ってくれると

うれしいです。本格化自体はもう少し先になりそうなので、

無理なく競馬を教えながら、勝ち上がりくらいはして

ほしいというのが現段階での期待です。

 

お次はキービジュアル。

キービジュアル | シルク・ホースクラブ - Silk Horse Club

 

ステリーナよりも早く育成が進んでいると思っていたら

ここに来て「まだ全体的に緩さがある為に、体全体を

しっかり使い切れていません。」というちょっと気になる

コメントが。馬体重も530㎏台に乗り、ちょっと逞しすぎる

印象をうけます。相変わらず筋肉量が多く、それにもかかわらず

スタミナ豊富という評価のようで、しっかりと競馬の基本を

覚えていってほしいなと思います。

 

気性はとても素直で賢い馬のようなので、ちゃんと

走り方を覚えればもっとよくなってきてくれるのでしょう。

夏ごろの入厩を目指すという点は引き続き変わって

いないようなので、入厩後は9月の阪神か10月の京都

あたりで下ろしつつ、冬のダート戦線で堅実に走って

勝ち上がってくれれば、と思います。

>