馬也ホースレーシング

~一口馬主・馳走人の競馬備忘録~

にほんブログ村 競馬ブログへ

春の淀の超高速決戦!マイラーズC傾向分析

久々の開催でパンパンの良馬場が期待

できるのは京都競馬場も同じ。そんな

開幕週にマイル重賞、言うまでもなく

超高速決着の予感です。

 

過去5年間の結果は以下の通り。

読売マイラーズカップ|2017年04月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com

読売マイラーズカップ|2016年04月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com

読売マイラーズカップ|2015年04月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com

読売マイラーズカップ|2014年04月27日 | 競馬データベース - netkeiba.com

読売マイラーズカップ|2013年04月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com

この5年かいいずれも1分32秒台以下の高速決着。

 

最低限このレベルの時計が出せないとお話に

ならないと言えるでしょう。

近走マイル戦持ち時計1分32秒台以下、もしくは

1400m戦1分20秒台以下の馬は出走馬中以下の通り。

 

ガリバルディ

サングレーザー

モズアスコット

ロジクライ

 

この4頭のみで、比較的狙いは絞れそうですが

比較的オッズ高めの馬も混ざっており、

手広く抑えるならリピーター多めの

レース傾向からダッシングブレイズ

ヤングマンパワーあたりもヒモに

加えてもいいでしょう。

 

<東京スプリントの結果>

グレイスフルリープが逃げ切り勝利。

本命に推したウインオスカーは特に

見せ場なく着外でした。

今回、大井競馬場のスタンド改装後

初観戦でしたが、どんどん競馬場が

レジャースポット化していきますね。

 

それ自体をどうこう思うことはないのですが、

いかにもギャンブルメシなメニューの売店が

目に見えて減少していたのは寂しかったな、と。

その辺もそのうち記事にできればと思います。

 

>