馳走人の競馬備忘録

チソウスケールで目指せ回収率100%超。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログへ

↑↑↑ランキング参加中。クリックして下さると馳走人が喜びます。↑↑↑

新たなるスーパーGⅡ、京都記念傾向分析

スーパーGⅡとして名を馳せていた大阪杯が2017年にGⅠ昇格。

そのステップレースとして新たなるスーパーGⅡになりつつあるこのレース。

 ○傾向読みは極めて困難

昨年以降、大幅にレースの立ち位置や意味合いが変わってしまった以上、

ここ数年の傾向を探るのはあまり意味のない作業と思われます。

 

なので、今回は昨年のレースを深堀り。

db.netkeiba.com

 

勝ち馬サトノクラウンは前走香港ヴァ―ズ勝利からの転戦。

春シーズンには宝塚記念を制しました。

2着のスマートレイアーも香港ヴァ―ズからの転戦、

3着のマカヒキは着外に沈んだ凱旋門賞からの再起でした。

 

基本的に、実績上位馬がすんなりと来る傾向に

今後はなっていきそうですね。

 

今回のメンバーで実績上位は、

 

レイデオロ

アルアイン

ディアドラ

モズカッチャン

 

以上の4頭のGⅠホースたち。

いずれも休み明けでの出走です。

 

中でも鉄砲掛けが利きそうなのがレイデオロ。

昨秋初戦の神戸新聞杯も楽勝したのがその証拠です。

 

アルアインも昨秋初戦のセントライト記念で2着ですが、

キャリアを通じて2200m以上のレースでの勝利がないのが不安要素です。

 

ディアドラとモズカッチャンの2頭は、この時期の馬場に

合いそうなハービンジャー産駒ですが休み明けはともに

あまり走っておらず一抹の不安。

 

ほかに血統的に面白そうなのは母父ブライアンズタイムの血が

パワー勝負になった場合に行きそうなクリンチャーでしょうか。

昨年の2回京都で未勝利戦を勝ちあがっていますが、その際は

終始先頭から上がり最速での勝利だっただけに、上手くペースを

コントロールできれば波乱の立役者になる可能性もあるでしょう。

レイデオロやアルアインより斤量が2キロ軽いのも魅力的です。