馳走人の競馬備忘録

チソウスケールで目指せ回収率100%超。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログへ

冬の大荒れ牝馬ハンデ、愛知杯傾向分析

冬の牝馬&ハンデ重賞という、荒れる要素満載の

 愛知杯、今年の波乱の主役は???

 

○波乱の傾向を含みつつ、1番人気の勝利もアリ

過去5回の上位3頭の単勝人気&斤量は、

 2017年:1人気(53㎏)→10人気(52㎏)→6人気(53㎏)

 2016年:8人気(55.5㎏)→5人気(50㎏)→4人気(53㎏)

 2014年:1人気(56㎏)→2人気(56㎏)→10人気(54㎏)

 2013年:12人気(50㎏)→14人気(51㎏)→13人気(55㎏)

 2012年:7人気(51㎏)→10人気(52㎏)→2人気(56㎏)

  ※2015年は開催無し。

全体的に波乱気味の傾向ではあるものの、昨年と2014年にはしっかりと

1番人気が 勝ってもおり、1番人気馬の取捨選択が必要と思われます。

 

○このレースで来る1番人気・飛ぶ1番人気

2017年の勝ち馬マキシマムドパリと、2014年勝ち馬

ディアデラマドレについて、モノサシ試作1号機で採用の

「1番人気鉄板全書」を用いてこの2頭の1番人気信頼度を測ると、

 

全重賞&全コース別1番人気鉄板全書 (馬券攻略本シリーズ)

全重賞&全コース別1番人気鉄板全書 (馬券攻略本シリーズ)

 

  ・マキシマムドパリ  信頼度【D】

  ・ディアデラマドレ  信頼度【A】

 

両極端な結果が出ました…。

 

今年の上位人気見込み3頭(netkeiba.com予想オッズ 1/11現在)で見てみると…

 ・マキシマムドパリ(2.7倍) 信頼度【A】

 ・クインズミラーグロ(4.2倍) 信頼度【D】

 ・キンショーユキヒメ(5.0倍) 信頼度【D】

 

昨年は信頼度Dだったマキシマムドパリがなんと今回は信頼度A。

これは、昨年の愛知杯以降此処までの安定した成績が影響をしています。

一方で、クインズミラーグロ、キンショーユキヒメが逆転で

1番人気になった場合の信頼度はともにD。大きな傾向としては、

やはりあまり1番人気を信用できないレースであるとはいえそうですが、

マキシマムドパリが1番人気のままであれば、アタマで買う想定でもよいでしょう。

 

○外からの差し・追い込みが届きやすいコース。冬でもSS系が上位に。

ここ5回の決まり手は、

 2017年:外差し→番手から粘る→番手から粘る

 2016年:追い込み→外差し→中団から伸びる

 2014年:外差し→中団から伸びる→追い込み

 2013年:中団から伸びる→好位抜け出し→好位抜け出し

 2012年:逃げ切り→番手から粘る→好位抜け出し

前が残る場合も後ろから届く場合も、固まって上位入線の傾向。

また、血統的には冬競馬にもかかわらずサンデーサイレンス系が

上位に来ている傾向。キングカメハメハ産駒の活躍も目立ちます。

穴をあけるならばスタミナ勝負でサドラーズウェルズ系も一考。

 

昨年末の中京開催の芝レースの傾向としては、

・外から伸びて、差し・追い込みがしっかり届く

・SS系の複勝圏内率極めて高い。

・SS系以外の血統では、乾いたパワー馬場で生きる

 種牡馬の産駒が絡むことも(特に前残りの場合)。

傾向分析は、下記書籍の「古澤ノート」を使用しています。

 

競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート (競馬王馬券攻略本シリーズ)

競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート (競馬王馬券攻略本シリーズ)

 

 

 ○愛知杯、馳走人推薦馬は以下の通り。

以上の傾向分析から馳走人が推薦する馬は、

・アンドリエッテ

・キンショーユキヒメ

・ギモーヴ

・クィーンチャーム

・クインズミラーグロ

・ブラックオニキス

・マキシマムドパリ

・メイズオブオナー

・リカビトス

・ワンブレスアウェイ

上記10頭。ここから枠順をもとに絞り込んでいきます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログへ

↑↑↑ランキング参加中。クリックして下さると馳走人が喜びます。↑↑↑