馳走人の競馬備忘録

3/31 ダービー卿CT三連複27,990円◎▲△大的中!

オジュウチョウサンと「英雄の条件」について

オジュウチョウサンが中山グランドジャンプを

大圧勝、最後の直線最終障害の飛越を終えた後

ゴール前ではスタンドから万雷の拍手。

どえらいもんを見た、というのが率直な感想です。

オジュウチョウサンの圧勝劇の詳細は

各メディアの記事に任せるとして、

news.netkeiba.com

 ゴール前で万雷の拍手が起こることなど、まず

競馬の世界ではないことです。それもそのはず、

各レースには億単位のカネが賭けられている以上、

ゴールまでで上がるのは、歓声であり、悲鳴であり、

罵声でもある。つまり、誰もかれもが全員一致で

「よかったネ。」となることなどはあり得ないワケで…

 

それでも巻き起こった万雷の拍手。

まさに観客の誰もが「納得させられた」証拠でしょう。

 

このような事態は、データベース的な記録の類があるものでは

ないので「自身が本場観戦した限りでは」の注釈付きですが、

クロフネが文句なしの大圧勝をした2001年の

ジャパンカップダート以来でしょうか。

 

レース後のターフィーショップは、オジュウチョウサンの

グッズを扱う特設ワゴンが黒山の人だかり。

まるでアイドルのライブグッズ販売のようで、これもまた

ここ何年も見られなかった現象であると言えます。

 

スーパーホースやスターホースはその時代ごとに

いるものの、オジュウチョウサンはその領域をこえた

いわば「英雄」であると言えるのではないでしょうか。

 

「英雄」という言葉で思い出される古今東西の歴史上の偉人、

あるいは架空の物語の登場人物は人それぞれ異なるでしょうが、

では、「英雄の条件」とは一体何か。

 

私は「奇跡の実現」ではないかと考えています。

 ※これがさらにもう一段階上のレベルに達すると、

  「英雄」は「神」として人々にあがめられるようになります。

  イエス・キリストやブッダはその典型例。

 

news.netkeiba.com

 

この記事にある通り、オジュウチョウサンは今日の勝利で

これだけの「奇跡」を実現させました。

 ◆J・GI最多勝記録更新

 ◆中山GJの最多勝タイ記録

 ◆障害重賞の最多勝利記録

 ◆JRA重賞連勝記録

これらの記録の中には、かの世紀末覇王

テイエムオペラオーのものも含まれており、

それをあれだけの内容で実現されてしまえば、

その場にいるものは最早拍手でたたえるほかに

無いわけで、英雄誕生の瞬間をこの中山

グランドジャンプで見たような気がしました。

 

おそらく、オジュウチョウサンは引退後障害馬として

史上初めてJRA顕彰馬に選出されることでしょう。

 

 ※現在の人馬殿堂入り一覧はこちら。

  競馬の殿堂 JRA

 

そうすると、父・ステイゴールドはオルフェーヴルに

続いて2頭目、それも平地・障害の両方での

輩出となるのだから驚きを隠せません。

 

2015年に死してなお息子たちが紡ぎ出す「黄金旅程」、

ステイゴールドもまた奇跡の英雄なのかもしれません。

 

石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサンが圧勝(撮影:下野雄規)

出典:http://cimg2.news.netkeiba.com/?pid=news_img&id=206510