馳走人の競馬備忘録

5/6新潟大賞典 馬連10,890円○◎大的中!


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログへ

↑↑↑ランキング参加中。クリックして下さると馳走人が喜びます。↑↑↑

【日経賞・毎日杯】3/24JRA重賞傾向分析

今週も土日で4レース重賞競走が組まれているので、

土日それぞれ2レースずつまとめての傾向分析

記事とさせていただければと思います。まずは土曜日。

 ◆機動力勝負でオッズに惑わされるな!

  日経賞傾向分析

過去5年間の結果は以下の通り。

日経賞|2017年03月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com

日経賞|2016年03月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com

日経賞|2015年03月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com

日経賞|2014年03月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com

日経賞|2013年03月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com

パッと見でわかるのが、1番人気があまり強くなく、

上位入着馬の単勝人気も広範囲にばらけていること、

さらにいわゆるリピーターの上位入着が多いことで、

 

これはつまりコース実績≒適性の高さが勝負の

分かれ目になるということで、具体的にどんな

適性が必要なのかといえば、「機動力」の

必要なレースであると言えそうです。

 

中山の2500mは、スタートからゴールまでコーナー6つ、

アップダウンもコース約1周半で通算15m近くになるため、

いかようにも展開がまぎれる、ゲートが開いた後でも展開が

コロコロと変わる難解なコースでもあります。

 

また、血統的にはやはりディープインパクトがあまり強くなく、

いわゆる「中山向き」なパワー型血統の台頭が目立ちます。

とはいえ、前週のフラワーCがディープインパクト産駒の

ワンツーというケースもあり、今回のケースでいえば

いずれの馬も母系が欧州血統という共通点があったなど、

血統表は詳細に確認しておく必要がありそうです。

 

今回は、【機動力(確実に3~4コーナーから進出できるか)】

【過去のコース実績】【血統傾向】から以下の馬を有力候補に挙げます。

 

アルター

実績的にはいま一つも、下級条件戦ながら戦績は安定。

機動性はありそう。また、血統的にも非常に適性が高そう。

前走は大箱の府中で惨敗だが、展開がまぎれたら一発に魅力。

ガンコ

こちらもまだ準オープンを勝ちあがったばかりだが、

日経新春杯3着の実績と、ノメるような馬場への適性は

既に実証済み。関東遠征が初なのがどう出るか…。

キセキ

香港での惨敗からの出直しレース。器用にさばける

機動力と、いかにも道悪歓迎のルーラーシップ産駒で、

すんなり人気通りに勝つケースも十分にありそう。

ゼーヴィント

コース実績もあり鉄砲駆けも利くタイプ。

ディープインパクト産駒だが母父ブライアンズタイムで、

血統的にはスルーできない。

チェスナットコート

準オープンを勝ちあがったばかりの馬だが、戦績安定。

機動力も十分ありそうなレースぶりで、蛯名が

サクラアンプルールでなくこちらを選んだのも気がかり。

 

◆現段階での完成度が最重要?毎日杯傾向分析

過去5年間の結果は以下の通り。

毎日杯|2017年03月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com

毎日杯|2016年03月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com

毎日杯|2015年03月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com

毎日杯|2014年03月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com

毎日杯|2013年03月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

昨年のアルアイン(1着・皐月賞優勝)、キセキ

(3着・菊花賞優勝)や2013年のキズナ(1着・東京優駿優勝)

のほか、古くはテイエムオペラオーなどのちの

チャンピオンホースを輩出する一方、その後の成績を

みるとここがピークの馬も多いレースで、とにかく

現段階での仕上がり度合いがモノを言いそうです。

 

直近成績とレースぶりから有力候補になりそうなのは

インディチャンプ

ギベオン

シャルドネゴールド

ノストラダムス

ブラストワンピース

ユーキャンスマイル

このあたりでしょうか。

星の回し方については、大いに迷いそうです。